fc2ブログ

第7回 松尾(まつのお)大社 酒-1グランプリ その1

京都市西京区の松尾大社で「第7回 松尾大社 酒-1グランプリ」が開催され、行ってきました。

s-2024041401.jpg
2014年に第1回が開催されいています。コロナの影響で2020年から2023年まで中止され、2019年以来、5年ぶりの開催です。参加酒蔵の中から、参加者の投票でグランプリを決めるイベントです。

会場の松尾大社の二の鳥居です。
s-DSC_1178.jpg

まずはお詣り。
s-DSC_1377_2024043010570664a.jpg
1667年建築の楼門です。

手水鉢です。
s-DSC_1183_2024043010565675c.jpg
亀の口から水が出ています。松尾大社では亀が神使で、いろんな場所に亀があります。

中門・釣殿・本殿です。
s-DSC_1184_20240430105659a2e.jpg
お詣りの行列が出来ています。

中門に向かって左手にある神輿庫です。
s-DSC_1185_20240430105659013.jpg
全国の酒蔵から奉納された菰樽が100個以上置かれています。

白虎(びゃっこ)おみくじです。
s-DSC_1188_20240430105702852.jpg
白虎は西を守護するため、おみくじ後に家で飾るときは東を向くように置くといいそうです。

酒飲みにはこのお守り「服酒守」も必需品!
s-DSC_1190_202404301057024e4.jpg

「服酒守」の効能・用法などが記載された案内です。
s-DSC_1192_20240430105703dc6.jpg

境内では「やまぶき」がたくさん咲いています。
s-DSC_1374_20240430105706e0f.jpg

その2に続きます。


第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー 後編

大阪市港区の大阪ベイタワーで開催された「第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー」の続きです。

s-DSC_1157.jpg
ステージでは堀江一義氏の和楽器演奏にあわせて中西咲葉(さきは)氏の書のパフォーマンスが始まります。

見事な書!
s-DSC_1171_20240427220531840.jpg

引き続き飲みます。茨城県猿島郡境町の萩原(はぎわら)酒造。
s-DSC_1143_20240427220516cf1.jpg
徳正宗(とくまさむね)徳ノ刻(とくのとき)二十 長期熟成
<データー>リキュール、アルコール分20度

兵庫県姫路市の本田商店。
s-DSC_1149_202404272205199e0.jpg
龍力(たつりき)純米酒 ドラゴン スパークリング
<データー>純米生酒、山田錦、精米歩合65%、アルコール分14度

三重県多気郡多気町の河武醸造(かわぶじょうぞう)。
s-DSC_1151_202404272205228a6.jpg
式 SHIKI(しき)RICH 芳醇 純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、弓形穂、精米歩合40%、アルコール分15度
※弓形穂(ゆみなりほ)は、2007年に三重大学生物資源学部附帯施設農場で伊勢錦(いせにしき)からの突然変異を育成した酒造好適米、現在のところ河武醸造のみが使用

愛知県豊橋市の福井酒造。
s-DSC_1160_20240427220526848.jpg
四海王(しかいおう)純米吟醸 夢山水
<データー>純米吟醸酒、夢山水、精米歩合50%、アルコール分15度

岐阜県大垣市の武内合資会社。
s-DSC_1162_20240427220529792.jpg
一滴千山(いってきせんざん)北雫 純米吟醸 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、北雫、精米歩合60%、アルコール分15度

武内合資会社の仕込水を頂いて休憩。
s-DSC_1161_20240427220527729.jpg

岐阜県大垣市の三輪酒造。
s-DSC_1165.jpg
男爵 バロン鉄心(てっしん)さんの滓酒
<データー>特別本醸造酒、ひとめぼれ・ひだほまれ、精米歩合60%、アルコール分17度

滋賀県甲賀市の瀬古(せこ)酒造。
s-DSC_1150_20240427220522aeb.jpg
忍者(にんじゃ)篤丸(あつまる)純米大吟醸 限定五年古酒
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合45%、アルコール分17度

購入した酒です。岐阜県大垣市の三輪酒造。
s-DSC_1173_20240427233452097.jpg
白川郷 純米吟醸 ささにごり酒
<データー>純米吟醸酒、ひだほまれ、精米歩合60%、アルコール分15度

<第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー>2024年4/13・4/14 大阪ベイタワー・アトリウム(大阪市港区弁天1-2-4)
和酒フェス 公式ページ
JR弁天町駅北口・大阪メトロ弁天町駅2A出口から徒歩約3分


第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー 前編

大阪市港区の大阪ベイタワーで「第7回 和酒フェス@大阪ベイタワー」が開催され、行ってきました。

s-DSC_1781_20240427170325dc1.jpg
2019年11月から始まり、日本各地にある酒蔵の自慢の銘柄を楽しむことができるイベントです。2024年は大阪で3回(6日間)開催される予定で、次回は7/13・7/14に行われます。

会場の様子です。
s-DSC_0001_BURST20230408135351246_20240427170324a02.jpg
今回は25蔵が参加し、約120種の酒を楽しむことができます。

島根県仁多郡奥出雲町の簸上(ひかみ)清酒でスタート。
s-DSC_1146.jpg
七冠馬 純米 春なごみセブン
<データー>純米酒、縁の舞、精米歩合60%、アルコール分16度
※縁の舞(えにしのまい)は、島根県が山田錦と「01-66」という県独自の品種を交配・育成(島系酒78号)し、2018年に品種登録出願、2019年に縁の舞と名称決定した酒造好適米。

もう1杯、簸上清酒。
s-DSC_1145_20240427172428e6b.jpg
七冠馬 純米吟醸 山廃仕込み
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合50%、アルコール分17度

山口県山陽小野田市の永山(ながやま)酒造。飲んだのは写真中央。
s-DSC_1154_20240427172431409.jpg
山猿(やまざる)山廃 無濾過生原酒
<データー>特定名称表記無し生原酒、穀良都、精米歩合60%、アルコール分17度

岡山県倉敷市の熊屋(くまや)酒造。
s-DSC_1155.jpg
庵(あん)特別純米酒 備前雄町
<データー>特別純米酒、雄町、精米歩合60%、アルコール分16度

もう1杯、熊屋酒造。
s-DSC_1156_20240427172434e76.jpg
庵 無濾過 純米吟醸 備前雄町
<データー>純米吟醸酒、雄町、精米歩合55%、アルコール分16.8度

新潟県上越市の新潟第一酒造。
s-DSC_1166_20240427172435c52.jpg
越の白鳥(こしのはくちょう)純米吟醸 彗星 無濾過生原酒 仕込13号
<データー>純米吟醸生原酒、彗星、精米歩合55%、アルコール分16度

新潟県妙高市の君の井酒造。
s-DSC_1141_20240427172425ead.jpg
君の井(きみのい)山廃仕込 純米吟醸 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、五百万石、精米歩合55%、アルコール分18度

もう1杯、君の井酒造。
s-DSC_1167_20240427172436a09.jpg
君の井 越乃酔鬼(こしのすいき)越後辛口
<データー>普通酒、五百万石・他、精米歩合65%、アルコール分15.5度

後編に続きます。


浅野日本酒店 Umeda

大阪市北区の「浅野日本酒店 Umeda」へ、行ってきました。

s-DSC_0717_202404271011556c1.jpg
梅田と扇町の間にある純米酒専門の酒販店です。店内にはテイスティングバーが併設され、11時から昼飲みできます。

滋賀県甲賀市の美冨久(みふく)酒造の燗酒でスタート。
s-DSC_0723_20240427101158926.jpg
三連星(さんれんせい)限定番外編Ⅱ 滋賀の飯米仕込 きらみずき
<データー>純米吟醸生原酒、きらみずき、精米歩合60%、アルコール分17度

滋賀県高島市の上原酒造も燗酒で。
s-DSC_0734.jpg
不老泉(ふろうせん)山廃仕込 酒母四段 無濾過生原酒 2022BY
<データー>純米生原酒、ほしじるし・山田錦、精米歩合65%、アルコール分17度
※酒母四段は、醪(もろみ)の末期に山廃酒母をそのまま添加する方法で濃醇な味になる

奈良県御所市の油長(ゆうちょう)酒造。
s-DSC_0736_2024042710120472a.jpg
風の森(かぜのもり)秋津穂 山乃かみ酵母
<データー>純米生原酒、秋津穂、精米歩合65%、アルコール分16度

もう1杯、油長酒造。
s-DSC_0724_202404271011587cc.jpg
風の森 ALPHA 8 大地の力
<データー>特定名称表記無し生原酒、秋津穂、精米歩合100%、アルコール分15度

奈良県香芝市の大倉本家を燗酒で。
s-DSC_0730_20240427101202862.jpg
大倉(おおくら)山廃 特別純米 中取り 無濾過生原酒 2019BY
<データー>特別純米生原酒、精米歩合60%、朝日、アルコール分17度

油長酒造の酒を購入。協会6号酵母で醸した酒。
s-DSC_0742_20240427101204c58.jpg
風の森 ALPHA 6 6号への敬意
<データー>純米生原酒、秋津穂、精米歩合70%、アルコール分14度

<浅野日本酒店 Umeda(あさのにほんしゅてん うめだ)>大阪市北区太融寺町2-17
浅野日本酒店 公式ページ
大阪メトロ東梅田駅または扇町駅6番出口から徒歩約10分、JR天満駅から徒歩約12分


第9回 旅するSAKE 後編

大阪市北区の阪急うめだ本店9階祝祭広場で開催された「第9回 旅するSAKE」の続きです。

s-DSC_1031_2024042609143676b.jpg
引き続き、「酒談議」での湯川(ゆがわ)酒造店16代目蔵元・湯川尚子(ゆがわなおこ)氏の講演の様子です。酒造りについての紹介では、酒蔵が標高936mという高地にある沸点が低くなるため、厳冬期は温度や圧力の管理が難しいそうです。

生酛造りの様子です。
s-DSC_1039_20240426091436285.jpg
2016年から生酛造りを始めています。2023年のIWC・SAKEで最高賞「チャンピオン・サケ」を獲得した「十六代九郎右衛門 純米吟醸 美山錦」も生酛だそうです。

試飲タイム。
s-DSC_1027_20240426091433937.jpg
十六代九郎右衛門 純米吟醸 美山錦 2023仕込23号
<データー>純米吟醸酒、美山錦、精米歩合55%、アルコール分15度

仕込室の様子です。
s-DSC_1042_20240426091440ae0.jpg
2023年に水冷式低温貯蔵庫も完成したそうです。

瓶詰の様子です。
s-DSC_1044_20240426091440892.jpg
酒蔵が傾斜地にあるため、槽場(ふなば)と詰場(つめば)に高低差があり、酒の移送にポンプを使用しないグラヴィティ・フローが可能で、搾った酒はポンプを介さずに瓶詰めできるそうです。

講演を聴きながら2本目の試飲。
s-DSC_1035_20240426091436815.jpg
木曽路(きそじ)純米 山恵錦 火入れ原酒
<データー>純米原酒、山恵錦、精米歩合65%、アルコール分15度

「酒談議」後は、「語らい処 SAKE BAR」へ。
s-DSC_1046_202404260914432e7.jpg
メニュー表です。日本酒は25種類ありグラス(90㎖)770円(税込)~。(↑クリックで拡大できます)

山口市の新谷(しんたに)酒造。
s-DSC_1047_20240426091443997.jpg
わかむすめ 瑠璃唐草(るりからくさ)純米吟醸 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、原料米非公開、精米歩合60%、アルコール分15.5度

<第9回 旅するSAKE>2024年4/3~4/8 阪急うめだ本店 大阪市北区角田町8-7
愛蔵会 by hankyu facebook
阪急・阪神・大阪メトロ梅田駅、JR大阪駅南口から徒歩約1分


第9回 旅するSAKE 前編

大阪市北区の阪急うめだ本店9階祝祭広場で「第9回 旅するSAKE」が開催され、行ってきました。

s-DSC_1761_20240424151604c9e.jpg
2015年から始まったイベントです。IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)・SAKE部門受賞蔵を中心に今回は27蔵が集結し試飲販売などを行いました。

会場の様子です。
s-DSC_1002_20240424151600872.jpg

会場内には菰樽が置かれています。
s-DSC_1003_20240424151602b03.jpg

今回は長野県の酒をクローズアップ。
s-DSC_1008_202404241555089d9.jpg
長野県内の酒蔵18蔵が参加しています。

ゲスト講師や蔵元を招く「酒談議」コーナーもあります。
s-DSC_1007_202404241555044ba.jpg
事前予約・抽選制ですが、今回は一部が当日受付も可能でした。

長野県木曽郡木祖村の湯川(ゆがわ)酒造店の「酒談議」に参加。
s-DSC_1015_20240424155508386.jpg
2011年に16代目蔵元に就任した湯川尚子(ゆがわなおこ)氏が「創業374年 今日という日が、歴史をつなぐ」とテーマで講演されました。

酒蔵のある木祖村の紹介でスタート。
s-DSC_1016_20240424161920aa2.jpg
人口2,563人(2024年3月時点)で最近10年で約19%減少しているそうです。面積の約88%が山林で耕地や可住地は約3%、降水量が多く寒暖差が激しいエリアだそうです。

続いて酒蔵の紹介。
s-DSC_1018_20240424161923261.jpg
1650年創業で長野県で2番目に古い酒蔵(最古は長野市の酒千蔵野(しゅせんくらの))で1540年頃創業)です。酒蔵は標高936mにあり、長野県内で最も星に近い酒蔵だそうです。

代表銘柄の紹介。
s-DSC_1020_20240424161923c3c.jpg
地元で愛される「木曽路(きそじ)」と特約店向けの「十六代九郎右衛門(じゅうろくだいくろうえもん)」。2023年のIWC・SAKEで「十六代九郎右衛門 純米吟醸 美山錦」が最高賞「チャンピオン・サケ」に輝いています。

後編に続きます。


食堂×酒場 トリヤマスタンド

滋賀県草津市の「食堂×酒場 トリヤマスタンド」へ、行ってきました。

s-DSC_0994_2024042410141010a.jpg
2021年に「草津炭旬(くさつすみしゅん)」が名称変更してオープンした煮込みと焼き鳥・やきとんを中心とした飲食店です。

暖簾をくぐって入ると、店舗は地下1階。
s-DSC_0983_20240424101400146.jpg

店内の様子です。
s-DSC_0985_2024042410140342d.jpg
来店客のほとんどが予約されている人気店のようですが、全席喫煙可なのが難点・・。

滋賀県長浜市の長浜浪漫ビール。
s-DSC_0984_20240424101403953.jpg
長浜エール

やきとんをお任せ3種で。
s-DSC_0988_20240424101406a30.jpg

日本酒にも力を入れているようです。
s-DSC_0987_202404241014060d4.jpg

滋賀県の酒を中心に全国の銘酒も。
s-DSC_0991_20240424101407a0b.jpg
↑クリックで拡大できます。

滋賀県草津市の太田酒造でサクッと締め。
s-DSC_0993_2024042410140945d.jpg
道灌(どうかん)不盡蔵(ふじくら)蔵出し一番酒」(表ラベル無し)
<データー>本醸造生原酒、玉栄・他、精米歩合70%、アルコール分18度

<食堂×酒場 トリヤマスタンド>滋賀県草津市大路1-10-1-B1F
食堂×酒場 トリヤマスタンド 公式ページ
JR草津駅東口から徒歩約2分


春の東海道酒蔵めぐり 美冨久(みふく)酒造編 その3

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した甲賀市の美冨久酒造の続きです。

s-DSC_0975_20240422152318865.jpg
酒蔵内では酒造道具などの展示も行われています。

酒を搾る圧搾機(あっさくき)です。
s-DSC_0970_20240422152313fcf.jpg

酒蔵見学を行った方のみに販売された限定酒を購入。
s-DSC_0973_20240422152314e5a.jpg
美冨久 槽場直汲み ㊙たれくち 山廃仕込純米生原酒
<データー>純米生原酒、精米歩合70%、アルコール分18度

無料試飲の8種類目。酒蔵まつり限定酒も購入!
s-DSC_0957_2024042215231079f.jpg
美冨久 桜東風(さくらごち)春の蔵まつり記念酒
<データー>純米吟醸原酒、精米歩合60%、アルコール分17度

屋外エリアには出店もたくさんあります。
s-DSC_0943_20240422152307623.jpg

有料試飲コーナーもあります。
s-DSC_0944_202404221523076f5.jpg

マス酒を!
s-DSC_0947_2024042215231046b.jpg
美冨久 近江大景
<データー>本醸造酒、日本晴・吟吹雪・他、精米歩合70%、アルコール分15度

せっかくなので、酒粕も購入。
s-DSC_0940_20240422152304389.jpg
2.5㎏で500円(税込)!いつものことですが、帰り道の荷物が激重です・・。

<春の東海道酒蔵めぐり 美冨久酒造(みふくしゅぞう)編>2024年3/30~3/31 滋賀県甲賀市水口町西林口3-2
美冨久酒造 公式ページ
近江鉄道水口城南駅から徒歩約15分、JR貴生川南口からコミュニティバス八田線で水口西部コミセンバス停下車徒歩約10分


春の東海道酒蔵めぐり 美冨久(みふく)酒造編 その2

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した甲賀市の美冨久酒造の続きです。

s-DSC_0956_20240421180350c67.jpg
仕込室では無料試飲が行われています。

無料試飲の1種類目。
s-DSC_0958_20240421180353c64.jpg
美冨久 虹色の彩日(にじいろのさいじつ)純米大吟醸 生酒
<データー>純米大吟醸生酒、精米歩合50%、アルコール分14度

無料試飲の2種類目。
s-DSC_0964_20240421180357061.jpg
三連星(さんれんせい)番外編Ⅱ 滋賀の飯米仕込 きらみずき
<データー>純米吟醸生原酒、きらみずき、精米歩合60%、アルコール分17度

無料試飲の3種類目。
s-DSC_0967_20240421180400b9f.jpg
三連星 番外編Ⅰ 滋賀の飯米仕込 みずかがみ
<データー>純米吟醸生原酒、みずかがみ、精米歩合60%、アルコール分17度

無料試飲の4種類目。
s-DSC_0962_20240421180357cf5.jpg
三連星 純米吟醸 中取り
<データー>純米吟醸生原酒、山田錦、精米歩合55%、アルコール分17度

無料試飲の5種類目。
s-DSC_0968_20240421180400e41.jpg
三連星 純米酒 直汲み
<データー>純米生原酒、吟吹雪、精米歩合60%、アルコール分17度

無料試飲の6種類目、梅酒。
s-DSC_0960_20240421180357d4d.jpg
美冨久 梅酒 日本酒仕込
<データー>リキュール、アルコール分9度

無料試飲の7種類目、甘酒。
s-DSC_0969_2024042118040485f.jpg
「近江の甘酒 みずかがみ」

仕込水を頂いて休憩。
s-DSC_0961_2024042118324466c.jpg

その3に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 美冨久(みふく)酒造編 その1

滋賀県湖南市と甲賀市で「春の東海道酒蔵めぐり」が開催され、甲賀市の美冨久酒造へ行ってきました。

s-20240330_20240421101204e36.jpg
毎年春に行われているイベントで、昨年より2蔵多い6蔵が酒蔵開きを開催しています。他に湖南市・甲賀市の全11蔵がJR貴生川駅前に集まり試飲・販売などを行っています。

美冨久酒造です。
s-DSC_0950_20240421101207676.jpg
1917年に藤居本家(滋賀県愛知郡愛荘町)から独立して創業しています。代表銘柄は「美冨久」・「三連星(さんれんせい)」です。写真は事務所棟で東海道沿いにあります。

酒蔵開きが行われ、紅白幕が張られています。
s-DSC_0935_202404211012087ed.jpg

この日は自由に酒蔵見学が可能でした。
s-DSC_0951_20240421101211976.jpg
普段は事前連絡して日にちが合えば酒蔵見学が可能(12月は酒蔵見学不可)です。写真は、浸漬機(しんせきき、写真左)や放冷機(写真右)です。

酒母室です。
s-DSC_0952_20240421101211fd0.jpg
美冨久酒造は、乳酸を加えず天然に存在する乳酸菌を育てる山廃仕込みにこだわっています。

酒母室の床下は、地下貯蔵庫になっています。
s-DSC_0954_20240421101214319.jpg

製麹室(せいぎくしつ=麹室(こうじむろ))です。
s-DSC_0972_20240421101217c3c.jpg

仕込室です。
s-DSC_0955_20240421101214906.jpg

その2に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 笑四季(えみしき)酒造編 その3

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した甲賀市の笑四季酒造の続きです。

s-DSC_0912.jpg
酒蔵内での試飲・販売コーナーでは5代目蔵元の竹島充修(あつのり)氏(写真中央右)から話を聞くこともできます。高校時代から発酵に興味があったそうです。

無料試飲11種類目。さくらの花酵母を使用。
s-DSC_0904_20240418181215d82.jpg
笑四季 Elements of life Ep.さくら 2016-2017 生酒
<データー>特定名称表記無し生酒、吟吹雪、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲12種類目。りんどうの花酵母を使用。
s-DSC_0906_202404181812159ea.jpg
笑四季 Elements of life Ep.りんどう 2016-2017 生酒
<データー>特定名称表記無し生酒、吟吹雪、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲の13種類目。
s-DSC_0910.jpg
笑四季 マスターピース 阿(あ)2022-2023 生酒
<データー>純米大吟醸生酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲の14種類目。
s-DSC_0915_20240418181219d15.jpg
笑四季 マスターピース 吽(うん)2022-2023 火入
<データー>純米大吟醸酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲の15種類目。
s-DSC_0895.jpg
笑四季 貴醸酒 モンスーン 吟吹雪 火入
<データー>貴醸酒、吟吹雪、精米歩合50%、アルコール分17度
※貴醸酒(きじょうしゅ)は仕込水の一部を清酒に代えて醸した酒。

無料試飲の16種類目。
s-DSC_0898_202404181812074b1.jpg
笑四季 貴醸酒 モンスーン 玉栄 2022-2023 火入
<データー>貴醸酒、玉栄、精米歩合50%、アルコール分17度

無料試飲の17種類目。
s-DSC_0902_2024041818121000a.jpg
笑四季 貴醸酒 特別編 コールドフロント 渡船2号 2022-2023 火入
<データー>貴醸酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度 

無料試飲18種類目、お土産に購入した酒。
s-DSC_0903_2024041818121238c.jpg
笑四季劇場 特別編 Carissimi n.6 2022-2023 中取り生酒
<データー>特定名称表記無し、山田錦、精米歩合50%、アルコール分13度

<春の東海道酒蔵めぐり 笑四季酒造(えみしきしゅぞう)編>2024年3/30~3/31 滋賀県甲賀市水口町本町1-7-8
笑四季酒造 公式ページ
近江鉄道水口石橋駅から徒歩約10分、JR・近江鉄道貴生川駅南口から甲賀市コミュニティバス土山本線で新水口バス停下車徒歩約6分


春の東海道酒蔵めぐり 笑四季(えみしき)酒造編 その2

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した甲賀市の笑四季酒造の続きです。

引き続き無料試飲を。5種類目。オシロイバナの花酵母を使用。
s-DSC_0886_202404181648459fc.jpg
笑四季 赤い糸 古式生酛 生酒
<データー>特定名称表記無し生酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度

無料試飲の6種類目。
s-DSC_0889_202404181648484de.jpg
笑四季劇場(えみしきげきじょう)特別編 Primeval Dusk 火入
<データー>特定名称表記無し、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲の7種類目。さくらの花酵母を使用。
s-DSC_0887.jpg
笑四季 限定醸造 Savour the Flavor さくら 生酒
<データー>特定名称表記無し生酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度

無料試飲の8種類目。協会6号酵母から派生した独自の620酵母使用。
s-DSC_0890.jpg
笑四季 620 INTENSE ぶどう 火入
<データー>特定名称表記無し、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度

さらに酒蔵の奥へ。奥でも試飲・販売を行っています。
s-DSC_0927.jpg

酒蔵の様子です。
s-DSC_0923_20240418172048e97.jpg

別の角度から見た酒蔵の様子です。
s-DSC_0893_20240418172040cc8.jpg
残念ながら、ここから先は立入禁止。

無料試飲の9種類目。初代蔵元の名を冠した商品。
s-DSC_0916_20240418172512c39.jpg
笑四季 竹島榮三郎(たけしまえいざぶろう)純米大吟醸 山田錦 火入
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16度

無料試飲の10種類目。袋吊り雫取りの海外向けハイエンド商品。
s-DSC_0920_202404181725151f6.jpg
笑四季 竹島榮三郎 純米大吟醸 渡船2号 火入
<データー>純米大吟醸酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分16度

その3に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 笑四季(えみしき)酒造編 その1

滋賀県湖南市と甲賀市で「春の東海道酒蔵めぐり」が開催され、甲賀市の笑四季酒造へ行ってきました。

s-20240330_20240418102832dc0.jpg
毎年春に行われているイベントで、昨年より2蔵多い6蔵が酒蔵開きを開催しています。他に湖南市・甲賀市の全11蔵がJR貴生川駅前に集まり試飲・販売などを行っています。

笑四季酒造です。
s-DSC_0870_2024041810283515d.jpg
1825年に初代・竹島栄三郎が竹島本家として酒造りを開始して創業年としています。代表銘柄は、「笑四季」です。

玄関の様子です。
s-DSC_0928_20240418102839259.jpg
軒先には杉玉が吊るされています。

玄関脇の通路から酒蔵へ。
s-DSC_0874_202404181028381b6.jpg
25年以上ぶりの酒蔵の一般開放だとか。

北東側から見た酒蔵の外観です。
s-DSC_0867_20240418102835bb3.jpg

酒蔵内では無料試飲・販売が行われています。
s-DSC_0926_20240418102838048.jpg
今回は20種類以上の無料試飲が用意されていたとか。

さっそく無料試飲を。1種類目。
s-DSC_0877_202404181040338ca.jpg
笑四季 Sensation 純米 黒ラベル 古式生酛 生酒
<データー>純米生酒、越神楽・玉栄、精米歩合50%、アルコール分15度

無料試飲の2種類目。
s-DSC_0878_202404181040364ec.jpg
笑四季 Sensation 純米 白ラベル 古式生酛 生酒
<データー>純米生酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分15度

無料試飲の3種類目。
s-DSC_0880_20240418104036de8.jpg
笑四季 Sensation 純米 限定 青ラベル 古式生酛 火入
<データー>純米酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度

無料試飲の4種類目。
s-DSC_0883_20240418104039617.jpg
笑四季 Sensation 純米 限定 朱(あか)ラベル 古式生酛 火入
<データー>純米酒、渡船2号、精米歩合50%、アルコール分15度

その2に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 北島酒造編 その3

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した湖南市の北島酒造の続きです。

s-DSC_0836_20240417100124f4d.jpg
酒蔵開きでは、有料試飲のコーナーもあります。

飲み比べセットを。
s-DSC_0845_20240417100128962.jpg

飲み比べセットの酒です。
s-DSC_0846.jpg
写真左より
北島(きたじま)生酛 愛山 生
<データー>純米生原酒、愛山、精米歩合70%、アルコール分16度
北島 美山錦 おりがらみ 生
<データー>純米吟醸生原酒、美山錦、精米歩合55%、アルコール分16度
御代栄(みよさかえ)大吟醸
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合35%、アルコール分16度

有料試飲で燗酒も。
s-DSC_0837_20240417100124d16.jpg

燗酒を飲み比べ。
s-DSC_0841_20240417100128ed5.jpg
写真左より
北島 生酛 純米吟醸 玉栄45 2019BY
<データー>純米吟醸酒、玉栄、精米歩合45%、アルコール分18度
御代栄 燗ガエル 生酛 純米 渡船 睦月ver.
<データー>純米酒、滋賀渡船6号、精米歩合88%、アルコール分15度

無料で参加できる「利き水クイズ」が!
s-DSC_0824_202404171001214fc.jpg

「利き水クイズ」コーナーです。
s-DSC_0835.jpg
市販されている天然水・仕込水・水道水の3種類を飲んで、水道水がどれかを当てるというクイズ。

「利き水クイズ」で正解していただいた金盃です。
s-DSC_1385_20240417103403351.jpg

北島酒造駐車場では湖南市観光協会ブース「酒蔵マルシェ」が開催。
s-DSC_0802_202404171001183f3.jpg
観光パンフの配布や地元の食材を使ったフードコーナーがあり、500円(税込)以上購入すると「くじ引き」ができます。ピンク色の玉がでると「東海道酒蔵めぐり限定デザインのオリジナルアクリル枡」が貰えます。

この日は運があったのか枡をゲット!
s-DSC_1391_20240417100131d21.jpg

<春の東海道酒蔵めぐり 北島酒造編>2024年3/30~3/31 滋賀県湖南市針756
北島酒造 公式ページ
JR甲西駅南口から徒歩約6分


春の東海道酒蔵めぐり 北島酒造編 その2

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した湖南市の北島酒造の続きです。

s-DSC_0812_202404160953465b3.jpg
酒蔵開きで、5種類の無料試飲が用意されています。

無料試飲コーナーの様子です。
s-DSC_0828_202404160953492b1.jpg

無料試飲の1種類目、春の東海道酒蔵めぐり限定酒。
s-DSC_0814_20240416095349135.jpg
御代栄(みよさかえ)今だけここだけ 無濾過生原酒
<データー>普通酒生原酒、アルコール分20度

無料試飲の2種類目。
s-DSC_0861.jpg
御代栄 純米吟醸 しぼりたて新酒 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、精米歩合55%、アルコール分17度

無料試飲の3種類目。
s-DSC_0856_20240416095352725.jpg
御代栄 大入りひっぱりだこ 純米吟醸 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、吟吹雪、精米歩合55%、アルコール分16度

無料試飲の4種類目、試験醸造酒。
s-DSC_0858_20240416095352ea5.jpg
御代栄 めっちゃすっぱい純米にごりどぶ 乳酸発酵
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分15度

無料試飲の5種類目、リキュール。
s-DSC_0860_20240416095353e91.jpg
塩 ゆず酒
<データー>リキュール、アルコール分7度

滋賀大学の学生自主企画プロジェクトで醸した酒の試飲も。
s-DSC_0863.jpg
琶ぐくみ(はぐくみ)純米 生酒
<データー>純米生酒、みずかがみ、精米歩合65%、アルコール分15度

滋賀大学生が米を育て、北島酒造で醸造体験して造っています。
s-DSC_0865_20240416095359b68.jpg
琶ぐくみ 純米 火入れ
<データー>純米生酒、みずかがみ、精米歩合65%、アルコール分15度

その3に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 北島酒造編 その1

滋賀県湖南市と甲賀市で「春の東海道酒蔵めぐり」が開催され、湖南市の北島酒造へ行ってきました。

s-20240330_2024041510024721f.jpg
毎年春に行われているイベントで、昨年より2蔵多い6蔵が酒蔵開きを開催しています。他に湖南市・甲賀市の全11蔵がJR貴生川駅前に集まり試飲・販売などを行っています。

湖南市の竹内酒造から無料のシャトルバスで北島酒造へ。
s-DSC_0806_202404151002509d6.jpg
1805年創業で、代表銘柄は「御代栄(みよさかえ)」・「北島(きたじま)」です。写真は母屋です。

玄関には大きな暖簾が掛けられています。
s-DSC_0807_202404151002503f7.jpg
玄関脇には菰樽が置かれています。

玄関脇には大きな杉玉も吊るされています。
s-DSC_0809_20240415100253958.jpg
玄関を入るとショップがあるのですが、この日はイベントのためお休み。

玄関脇にある井戸です。
s-DSC_0804_202404151022038fb.jpg
鈴鹿山系の伏流水で、まろやかな軟水です。

酒蔵開きが行われ、通路は人でいっぱい。
s-DSC_0811_20240415100253d39.jpg

酒蔵の外観です。
s-DSC_0855_20240415100257ec5.jpg
1983年建築です。事前に連絡して日にちが合えば酒蔵見学が可能です。(12月は見学不可、基本は平日のみ見学可能)

通路では仕込水を飲むことができます。
s-DSC_0823_202404151033113c8.jpg

その2に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 竹内酒造編 その3

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した竹内酒造の続きです。

引き続き試飲を。無料試飲の7種類目。
s-DSC_0787_2024041216591310e.jpg
香の泉(かのいずみ)かのいづみ 純米酒
<データー>純米酒、精米歩合60%、アルコール分15度

無料試飲の8種類目。
s-DSC_0784_202404121659082c3.jpg
唯々(ただただ)想い出シリーズ 朝のさんぽ道 純米吟醸無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分17度

無料試飲の9種類目、蔵開き限定酒!
s-DSC_0785_20240412165910545.jpg
香の泉 春の東海道酒蔵めぐり限定 純米大吟醸生酒
<データー>純米大吟醸生酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16度

ついに無料試飲10種類目。酒ラベルはチャットGPTと会話して生成したもの。
s-DSC_0797_202404121659169ad.jpg
AI~アイ~ 特別純米酒 日本晴 無濾過生原酒
<データー>特別純米生原酒、日本晴、精米歩合60%、アルコール分17度

無料試飲の11種類目。
s-DSC_0796_2024041216591641a.jpg
8泡美人(はっぽうびじん)さくらスパークリング
<データー>リキュール(発泡性①)、アルコール分6度

無料試飲の12種類目。
s-DSC_0800_2024041221254569d.jpg
果恋なすもも(かれんなすもも)
<データー>リキュール、アルコール分7度

大阪から「サカグラ」が出張出店!
s-DSC_0794.jpg
「サカグラ」は大阪市の梅田・上本町・阿倍野・十三に4店舗あり竹内酒造の日本酒を提供しています。

なんと、唐揚げを購入すると日本酒の無料券が!
s-DSC_1131_20240412165920e4e.jpg

唐揚げを肴に飲み放題に挑戦!
s-DSC_0781_202404121659072e9.jpg
300円(税込)で蔵開き限定の新酒の純米生原酒が2種類飲み放題です。

竹内酒造には最後に来た方が良かったかな・・と思いながらもグビグビと!
s-DSC_0798_20240412165919338.jpg
香の泉 春の東海道酒蔵めぐり限定 新酒 純米生原酒 辛口
<データー>純米生原酒、他未確認
香の泉 春の東海道酒蔵めぐり限定 新酒 純米生原酒 甘口
<データー>純米生原酒、他未確認

<春の東海道酒蔵めぐり 竹内酒造編>2024年3/30~3/31 滋賀県湖南市石部中央1-5-46
竹内酒造 公式ページ
JR石部駅から徒歩約19分


春の東海道酒蔵めぐり 竹内酒造編 その2

滋賀県湖南市と甲賀市で開催された「春の東海道酒蔵めぐり」で訪問した竹内酒造の続きです。

s-DSC_0776_20240412141817de1.jpg
酒蔵開きの会場へ向かいます。

会場の様子です。
s-DSC_0777_2024041214182085a.jpg
開始時間前に着いたので人は少ないですが、時間になるとすぐに人が押し寄せてきます。

会場内に置かれている菰樽です。
s-DSC_0779_20240412141820fcd.jpg

無料で試飲ができます!1種類目。
s-DSC_0788_20240412141823e52.jpg
香の泉(かのいずみ)天醸(あまかもす)大吟醸
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合40%、アルコール分16度

無料試飲の2種類目。
s-DSC_0789.jpg
太陽と大地のしずく 純米吟醸
<データー>純米吟醸酒、吟吹雪、精米歩合55%、アルコール分15.8度

無料試飲の3種類目。
s-DSC_0790.jpg
香の泉 契約篤農家米 特別純米醸造酒 玉栄六割精米
<データー>特別純米酒、玉栄、精米歩合60%、アルコール分15~16度

無料試飲の4種類目。
s-DSC_0791_2024041214312638a.jpg
香の泉 しぼりたてそのまま一番しずく 氷温生貯蔵原酒
<データー>本醸造原酒、日本晴・吟吹雪、精米歩合65%、アルコール分18度

無料試飲の5種類目。
s-DSC_0792.jpg
香の泉 楚々淡麗(そそたんれい)爽快辛口 特別純米酒
<データー>特別純米酒、日本晴・玉栄、精米歩合60%、アルコール分15~16度

無料試飲の6種類目。
s-DSC_0793.jpg
香の泉 美彩淡露(びさいたんれい)ほんのり甘口 特別純米酒
<データー>特別純米酒、日本晴・玉栄、精米歩合60%、アルコール分15~16度

その3に続きます。


春の東海道酒蔵めぐり 竹内酒造編 その1

滋賀県湖南市と甲賀市で「春の東海道酒蔵めぐり」が開催され、湖南市の竹内酒造へ行ってきました。

s-20240330.jpg
毎年春に行われているイベントで、昨年より2蔵多い6蔵が酒蔵開きを開催しています。他に湖南市・甲賀市の全11蔵がJR貴生川駅前に集まり試飲・販売などを行っています。

まずは、滋賀県湖南市の竹内酒造へ。
s-DSC_0767_20240412002836b78.jpg
1872年創業で、代表銘柄は「香の泉(かのいづみ)」・「唯々(ただただ)」です。写真は販売所併設の事務所棟です。

販売所の様子です。
s-DSC_0769_20240412100230354.jpg

事務所棟は東海道に面しています。
s-DSC_0773.jpg
東海道五十三次の51番目の宿場・石部宿(いしべじゅく)があった場所で、周辺には本陣2軒、旅籠32軒などがあったそうです。

事務所棟に向かって左手から奥に酒蔵があるようです。
s-DSC_0771_20240412002836418.jpg

事務所棟の北側にある酒蔵です。
s-DSC_0759.jpg

北東側から見た酒蔵です。
s-DSC_0763_20240412002833a37.jpg

西側から見た酒蔵です。
s-DSC_0775.jpg

その2に続きます。


造幣局(ぞうへいきょく)桜の通り抜け

大阪市北区の造幣局で開催された「桜の通り抜け」へ、行ってきました。

s-DSC_1130.jpg
毎年4月中旬頃の桜の開花時に造幣局構内の通路を1週間開放しています。2024年は4/5~4/11で開催で事前予約制です。写真は案内リーフレットを撮影したものです。

会場MAPです。(案内リーフレットを撮影、クリックで拡大可)
s-DSC_1127_20240411103652b86.jpg
桜の通り抜けは、1883年に始まり、今年で141年です。南門から入場して北門へ抜ける一方通行です。

通路の両側に桜が植えられています。
s-DSC_1076.jpg
141種、340本あるそうです。写真の桜は「松前薄笠染井(まつまえうすがさねそめい)」という品種で新品種です。

「駒繋(こまつなぎ)」という品種です。
s-DSC_1080.jpg

「御殿匂(ごてんにおい)」という品種です。
s-DSC_1084_20240411103641b3d.jpg

「紅提灯(べにぢょうちん)」という品種です。
s-DSC_1087_20240411103642ee9.jpg

花が黄緑色の「御衣黄(ぎょいこう)」という品種です。
s-DSC_1107_20240411103646f8f.jpg

「麒麟(きりん)」という品種です。
s-DSC_1093_2024041110364449f.jpg

「八重紅枝垂(やえべにしだれ)」という品種です。
s-DSC_1114_20240411103647dd3.jpg

今年の花として選ばれた「大手毬(おおてまり)」という品種です。
s-DSC_1116_202404111036506d8.jpg

<造幣局(ぞうへいきょく)桜の通り抜け>2024年4/5~4/11 大阪市北区天満1-1-79
造幣局 公式ページ
大阪メトロ・京阪天満橋駅から徒歩約8分、JR大阪城北詰駅3番出口からから徒歩約10分(造幣局南門まで)


角打 福本屋(ふくもとや) 後編

広島市南区の「角打 福本屋」の続きです。

s-DSC_8440.jpg
きき酒3種セットを追加。

1種類目、広島県呉市の相原(あいはら)酒造。
s-DSC_8445.jpg
雨後の月(うごのつき)純米吟醸生酒 中汲み
<データー>純米吟醸生酒、八反錦、精米歩合60%、アルコール分16度

2種類目、広島県呉市の盛川(もりかわ)酒造。
s-DSC_8443.jpg
白鴻(はくこう)四段仕込み純米 赤ラベル 生酒 2022BY
<データー>純米生酒、中生新千本、精米歩合70%、アルコール分15度

3種類目、広島県東広島市の賀茂泉酒造。
s-DSC_8442.jpg
加茂泉(かもいずみ)搾りたて生原酒 Amour for Oyster~牡蠣に恋して~
<データー>純米生原酒、精米歩合65%、アルコール分17度

アテを。
s-DSC_8461.jpg
どて焼きと蔵元の漬物。

長野県千曲市の長野銘醸。(販売は長野県上田市の和田龍酒造)
s-DSC_8468.jpg
和田龍(わだりゅう)純米無濾過 生原酒 搾りたて
<データー>純米生原酒、精米歩合70%、アルコール分15度

おりがらみの燗酒で締め。
s-DSC_8470.jpg

おりがらみの酒は写真中央。長野県中野市の丸世酒造店。
s-DSC_8472.jpg
勢正宗(いきおいまさむね)carp おりがらみ 純米無濾過生原酒
<データー>純米生原酒、精米歩合70%、アルコール分16度

<角打 福本屋(ふくもとや)>広島市南区松原町10-29
福幸 公式ページ
広島電鉄広島駅から徒歩約4分、JR広島駅南口から徒歩約5分


角打 福本屋(ふくもとや) 前編

広島市南区の「角打 福本屋」へ、行ってきました。

s-DSC_8437.jpg
広島県竹原市に本社がある酒販店・福幸(ふくこう)が営む立ち飲み店です。福幸は1866年に福本屋の屋号で創業し、1991年に福幸に社名変更しています。

日本酒が常時30種類置いています。
s-DSC_8439.jpg

店内の様子です。
s-DSC_8465.jpg
「早く入って来い!」と誘われているようです。

日本酒のラベルを額に入れて飾っています。
s-DSC_8466.jpg

カウンター奥の冷蔵ガラスケースには日本酒がいっぱい!
s-DSC_8462.jpg

日本酒は、グラス490円(税込)~。
s-DSC_8467.jpg
きき酒3種セットもあります。

さっそく、きき酒3種セットを。30種類から自由に選ぶことができます。
s-DSC_8453.jpg

1種類目は、広島県竹原市の中尾醸造直送の樽入り生酒。
s-DSC_84723.jpg
誠鏡(せいきょう)純米吟醸 雄町
<データー>純米吟醸生酒、雄町、精米歩合60%、アルコール分15~16度

2種類目。広島市安佐北区の旭鳳酒造。
s-DSC_8454.jpg
旭鳳(きょくほう)純米無濾過生原酒 生原酒革命9号
<データー>純米生原酒、八反錦、精米歩合70%、アルコール分17~18度

3種類目。広島県東広島市の亀齢酒造。
s-DSC_8458.jpg
亀齢(きれい)純米酒 寒仕込
<データー>純米酒、八反錦、精米歩合65%、アルコール分15~16度

後編に続きます。


ビールスタンド重富(しげとみ)ekie

広島市南区の「ビールスタンド重富 ekie」へ、行ってきました。

s-DSC_8489.jpg
JR広島駅北口駅ビル内1階の「ekieキッチン」内にあるビールスタンドで、広島市中区にある重富酒店が2019年にオープンしています。

大型冷蔵庫にはオーナーの重富寛(ゆたか)氏の等身大パネルが。
s-DSC_8490.jpg
重富寛氏は重富酒店の3代目で「ビール注ぎ名人」と呼ばれています。2012年に祖父の時代の規格のビールサーバー「スイングカラン」を復刻、重富酒店の倉庫の一部を改修して「ビールスタンド重富」をオープンしています。重富寛氏が店頭に立てない時は写真パネルを置いているそうです。

メニュー表です。
s-DSC_8473.jpg
ビールは「アサヒ生ビール(通称マルエフ)」ですが、注ぎ方がいろいろあります。

一度つぎを。
s-DSC_8475.jpg
昭和のサーバー「スイングカラン」で一気に!「スイングカラン」は、ビールが通過するチューブの内径が、9㎜(現代のサーバーは5
㎜)で一気に注いで泡を切った生ビールは、ビール本来の元気さをそのまま感じられるそうです。

飲み比べようと、三度つぎも。
s-DSC_8480.jpg
まずは、現代のサーバーでビールを注いでいます。

次に「スイングカラン」で泡があふれるほど注ぎます。
s-DSC_8483.jpg

泡が落ち着いてきたら仕上げの3度目。
s-DSC_8485.jpg

写真左が三度つぎ。
s-DSC_8488.jpg
泡が盛り上がっています!全く違う味わいです。

<ビールスタンド重富(しげとみ)ekie>広島市南区松原町1-2 ekieキッチン内
JR広島駅北口駅ビル内


広島東照宮(ひろしまとうしょうぐう) 後編

広島市東区の広島東照宮の続きです。

s-DSC_8423.jpg
拝殿に向かって右手にある本地堂(ほんじどう)です。1648年建築です。原爆被害でも倒壊・焼失を免れた被爆建物です。2021年から解体修理が行われ、2023年10月に完了しています。建物全体に木目を浮き出させる春慶塗が施されています。明治の神仏分離前までは、徳川家康の本地仏がまつられてたそうです。

本殿の背後にある御産稲荷(おさんいなり)神社です。
s-DSC_8409.jpg
地元では「お産さん」とよばれ、安産祈願の絵馬がたくさん奉納されています。

御産稲荷神社に向かって左手にある福禄寿石像です。
s-DSC_8414.jpg
「広島二葉山山麓七福神巡り」の1つです。

福禄寿石像に向かって左手にある御神井(ごしんせい)です。
s-DSC_8417.jpg
常に水が湧き干ばつ時にも絶えなかったといわれています。現在も祭典や例祭の茶会などに用いられています。

拝殿に向かって左手奥にある祖霊社です。
s-DSC_8420.jpg

祖霊社に向かって左手に金光稲荷(きんこういなり)神社などへの参道があります。
s-DSC_8421.jpg

本殿背後の二葉山に多くの社がまつられています。
s-DSC_8416.jpg
奥宮までは石段が約500段あるそうで、この日は体力を考慮してここまで・・。

拝殿に向かって右手奥にある神輿蔵です。
s-DSC_8422.jpg

唐門(からもん)から延びる翼廊(よくろう)には奉納された菰樽が!
s-DSC_8428.jpg
徳川家19代当主・徳川家広氏が献上したものです。「超群(ちょうぐん)」は、広島県庄原市の生熊(いくま)酒造が醸す酒です。

授与所でいただいた「獅子おみくじ」です。
s-DSC_8494.jpg

<広島東照宮(ひろしまとうしょうぐう)>広島市東区二葉の里2-1-18
広島東照宮 公式ページ
拝殿までJR広島駅北口から徒歩約15分


広島東照宮(ひろしまとうしょうぐう) 前編

広島市東区の広島東照宮へ、行ってきました。

s-DSC_8390.jpg
広島藩浅野家2代藩主・浅野光晟(みつあきら、浅野家17代当主)によって、1646年に広島城の鬼門(北東)の方向に当たる二葉山の山麓に造営が開始され、1648年に創建しています。

参道を進むと途中に石鳥居があります。
s-DSC_8392.jpg
1648年に浅野長治(ながはる、浅野光晟の叔父、三次(みよし)藩(広島藩の支藩)初代藩主)が寄進したものです。1945年の原爆被害で倒壊しますが修復されて建立したもののようです。

鳥居から参道を進むと石段が続き、先に唐門(からもん)が見えます。
s-DSC_8399.jpg

唐門です。
s-DSC_8400.jpg
唐門や唐門から延びる翼廊(よくろう)は1646年建築です。いずれも原爆被害で倒壊・焼失を免れた被爆建物です。原爆被害で北東に傾いていましたが、修復保存修理が行われ2011年に完成しています。

唐門から見た境内の様子です。
s-DSC_8401.jpg

唐門から参道を進むと左手に手水舎があります。
s-DSC_8402.jpg
1648年建築です。原爆被害でも倒壊・焼失を免れた被爆建物です。1979年に解体修理が行われ当時の姿に復元されています。

参道正面にある拝殿です。
s-DSC_8433.jpg
原爆被害で焼失しますが、1946年に仮拝所が設けられ、1965年に再建されています。

拝殿の扁額です。
s-DSC_8406.jpg

拝殿の奥には幣殿(へいでん)・本殿が続きます。
s-DSC_8408.jpg

背後から見た本殿です。
s-DSC_8413.jpg
祭神は、東照大権現(徳川家康)です。

後編に続きます。


鶴羽根(つるはね)神社

広島市東区の鶴羽根神社へ、行ってきました。

s-DSC_8362.jpg
平安時代末期の武将・源頼政(1180年の以仁王(もちひとおう)の挙兵で自害)の側室であった菖蒲前(あやめのまえ)が建久年間(1190~1199年)に安芸國加茂群(現・広島県東広島市)に領地を賜り、没後、遺言により元久年間(1204~1206年)に家臣であった池田左衛門が社殿を建立したのが始まりと伝えられています。写真は境内入口にある注連柱(しめばしら)です。

注連柱から参道を進むと一の鳥居があります。
s-DSC_8365.jpg
創建当初は椎木八幡宮(しいのきはちまんぐう)とよばれていたようですが、戦乱や火災などで荒廃、江戸時代初期に明星院(みょうじょういん、広島市東区)の鎮守社となり、1835年に現在地に遷座、1873年に鶴羽根神社に改称しています。

一の鳥居を入ると石の太鼓橋があります。
s-DSC_8366.jpg

太鼓橋の両側は庭園になっています。
s-DSC_8387.jpg

太鼓橋から見た境内の様子です。
s-DSC_8368.jpg

太鼓橋から参道を進むと左手に手水舎があります。
s-DSC_8369.jpg
手水舎・手水鉢は1945年の原爆被害にも耐えています。(爆心地から約1,810m)

さらに参道を進むと二の鳥居があります。
s-DSC_8374.jpg

二の鳥居から参道を進むと石段があり、先に拝殿が見えます。
s-DSC_8375.jpg

参道正面にある拝殿です。
s-DSC_8377.jpg
原爆被害で倒壊しましたが焼失を免れ規模を縮して再建されています。祭神は、八幡三神(品陀和気命(ほむだわけのみこと)=応神天皇(第15代天皇)・息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと=神功皇后(仲哀(ちゅうあい)天皇(第14代天皇)の皇后で応神天皇の母)・帯中津日子命(たらしなかつひこのみこと)=仲哀天皇)と伊邪那伎命(いざなぎのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)の5柱です。

二の鳥居の近く、参道左手にある椎木稲荷神社です。
s-DSC_8383.jpg

手水舎の隣にある弁財天石像です
s-DSC_8371.jpg
「広島二葉山山麓七福神巡り」の1つです。

<鶴羽根神社(つるはねじんじゃ)>広島市東区二葉の里2-5-11
鶴羽根神社 公式ページ
広島電鉄白島駅から徒歩約10分、JR広島駅北口から徒歩約14分


饒津(にぎつ)神社 後編

広島市東区の饒津神社の続きです。

s-DSC_8360.jpg
拝殿の背後には石段があり先に中門・本殿がありますが立入禁止です。

別の角度から見た中門・本殿です。
s-DSC_8353.jpg
1984年に再建され、戦前の姿となっています。

本殿です。
s-DSC_8354.jpg
祭神は、浅野長政(浅野家14代当主)・浅野末津姫(長政の正室=長生院 (ちょうせいいん)、豊臣秀吉の正室・寧寧(ねね)の妹)・浅野幸長(よしなが、浅野家15代当主)・浅野長晟(ながあきら、浅野家16代当主、広島藩浅野家初代藩主)・浅野長勲(ながこと、浅野家27代当主、広島藩12代藩主(最後の藩主))です。

拝殿に向かって右手に稲荷神社があります。
s-DSC_8350.jpg

稲荷神社です。
s-DSC_8351.jpg
浅野家別邸の庭園・縮景園(しゅくけいえん、広島市中区)に、浅野吉長(よしなが、浅野家20代当主、広島藩浅野家5代藩主)が1713にまつった稲荷神社を遷座したものです。

拝殿に向かって左手にある浅野長勲公頌徳碑です。
s-DSC_8358.jpg
頌徳碑(しょうとくひ)とは、偉人や先覚者などの徳をほめたたえる文章を刻んだ碑です。

浅野長勲公頌徳碑の手前にある石水盤石灯籠銘碑です。
s-DSC_8356.jpg
1810年に浅野長政200回忌法要が明星院(みょうじょういん、広島市東区)で営まれた際に手水鉢・石燈篭を奉納した272名の名が刻まれています。1835年の饒津神社創建の際に、手水鉢とともに移設されています。

向唐門(むかいからもん)の手前、参道左手にある恵比須石像です。
s-DSC_8328.jpg
「広島二葉山山麓七福神巡り」の1つです。

向唐門から拝殿への参道の途中、左手にある社務所です。
s-DSC_8361.jpg

<饒津神社(にぎつじんじゃ)>広島市東区二葉の里2-6-34
饒津神社 公式ページ
広島電鉄白島駅から徒歩約10分、JR新白島駅から徒歩約18分


饒津(にぎつ)神社 前編

広島市東区の饒津神社へ、行ってきました。

s-DSC_8321.jpg
1706年に広島藩・浅野家4代藩主(浅野家19代当主)の浅野綱長(つななが)が、14代当主・浅野長政の位牌堂を建立したのが始まりで、1835年に9代藩主(浅野家24代当主)の浅野斉粛(なりたか)が祖先追悼のため現在地に社殿を建立して創建したとされています。写真は境内入口にある社石標と参道の注連柱(しめばしら)です。

参道を進むと右手に松の切り株が保存されています。
s-DSC_8323.jpg
参道には1835年に植樹された松並木がありましたが、1945年の原爆被害で損傷・倒木、数本の松が生き延びましたが松くい虫や大気汚染の影響で枯れていき、最後の1本となった松が2003年に枯死したため、切り株として保存しています。覆屋もこの松の木を材料として建てられたそうです。

切り株の年輪の様子です。
s-DSC_8324.jpg
原爆の熱風や爆風で枝葉が焼けたり吹き飛ばされたため、1945~1969年の年輪が殆どなく詰まったようになっています。

参道を進むと二の鳥居があります。
s-DSC_8325.jpg
原爆被害で失われましたが、2006年に再建されました。一の鳥居は注連柱のすぐ奥にありましたが、失われたままです。

二の鳥居から参道を進むと参道左手に手水舎があります。
s-DSC_8340.jpg
手水鉢の表面は原爆被害で破損しています。2017年に被爆の痕跡を保存するため最低限の修復を行い、手水鉢として使用を開始しています。

さらに参道を進むと石段があり先に向唐門(むかいからもん)があります。
s-DSC_8339.jpg
原爆被害で焼失し、2000年に再建されました。

手水舎の近くにある案内板です。
s-DSC_8327.jpg
1945年8/20に撮影されたもので、案内板の写真左にある黒い部分が手水鉢、中央の石段付近が向唐門の礎石です。

向唐門から参道を進むとさらに石段があり、拝殿が見えます。
s-DSC_8343.jpg
石段を上がると参道は右に折れます。

参道正面にある拝殿です。
s-DSC_8345.jpg
1984年再建です。拝殿は、広島城から見て鬼門にあり、広島城の方を向くように建てられているため途中で参道が曲がっています。

後編に続きます。


肥後稲荷(ひごいなり)神社

広島市東区の肥後稲荷神社へ、行ってきました。

s-DSC_8317.jpg
創建の詳細が不明ですが、元は広島城内に鎮座しており幕末から明治初期に、この地の管理者が京橋川の氾濫を防ぐため遷座したと伝えられています。1986年に現在地に遷座したようです。

鳥居の扁額です。
s-DSC_8310.jpg

鳥居から進むと、参道正面にある拝殿です。
s-DSC_8314.jpg

拝殿の奥には幣殿(へいでん)・本殿が続きます。
s-DSC_8316.jpg
祭神は、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)と思われます。

拝殿の手前、参道左手にあるご神木です。
s-DSC_8313.jpg

ご神木の根元にある植木です。
s-DSC_8311.jpg
小さな神社ですが、境内はとっても清潔にされています。

毎月1日には「月花守り」が授与されるようです。
s-DSC_8312.jpg

<肥後稲荷神社(ひごいなりじんじゃ)>広島市東区牛田本町1-10
広島電鉄白島駅から徒歩約14分、JR新白島駅から徒歩約15分


安楽寺(あんらくじ)

広島市東区の安楽寺へ、行ってきました。

s-DSC_8301.jpg
1429年に天台宗の寺院として創建し、1533年に浄土真宗に改宗して現在地に建立されたと伝えられてる浄土真宗本願寺派の寺院です。写真は山門です。

山門を入って参道を進むと左手に手水鉢があります。
s-DSC_8306.jpg

参道正面にある本堂です。
s-DSC_8303.jpg
1758年の大火で焼失し1788年再建です。1945年の原爆被害で骨組みだけとなりますが、1948年には仮の板葺きで修復、1950年半ばころに瓦葺で復興されたそうです。爆心地から約2,190mの地にあり、少し北に傾いているそうです。

本堂の扁額です。
s-DSC_8304.jpg
山号の「寿永山(じゅえいざん)」が刻まれています。本尊は、阿弥陀如来像です。

本堂の手前、右手にある親鸞聖人童形像です。
s-DSC_8305.jpg

山門の近くにある大イチョウです。
s-DSC_8308.jpg
江戸麻布の善福寺にあった親鸞ゆかりの銀杏の枝を持ち帰って植えたものと伝えられて、樹齢約350年と推定されています。原爆被害の際にも耐え、本堂への類焼を防いだとされています。写真ではわかりにくいですが、幹が山門を貫くように山門が再建(1990年)されています。

参道に向かって左手にある寺務所です。
s-DSC_8307.jpg

<安楽寺(あんらくじ)>広島市東区牛田本町1-5-29
広島電鉄白島駅から徒歩約13分、JR新白島駅から徒歩約14分