FC2ブログ

伊賀上野城(いがうえのじょう) 後編

三重県伊賀市の伊賀上野城の続きです。

s-P8300400.jpg
大天守3階(最上階)の様子です。

天井には46枚もの著名人の書画が飾られています。
s-P8300415.jpg

3階から見た南の風景です。
s-P8300407.jpg

天守近隣は上野公園として整備されています。
s-P8300426.jpg
俳聖殿(はいせいでん)入口の門です。

俳聖殿です。
s-P8300439.jpg
1644年に伊賀市で生まれた松尾芭蕉の生誕300年を記念して1942年に建築されたもので、重要文化財に指定されています。芭蕉の旅姿を表していて、丸い屋根は旅傘、俳聖殿の額が顔、八角形のひさしは蓑と衣装、堂は脚部、回廊の柱は杖と足を表しているそうです。

殿内の様子です。
s-P8300431.jpg
中央に伊賀焼の松尾芭蕉陶製坐像が安置されています。殿内は芭蕉の命日にあたる10/12の芭蕉祭で公開されています。

俳聖殿近くに城山稲荷神社があります。
s-P8300344.jpg

手水舎です。
s-P8300345.jpg
屋根には伊賀忍者が!

城山稲荷神社です。
s-P8300347.jpg

城山稲荷神社近くにある鳥居と祠です。
s-P8300342.jpg
何がまつられているのかは未確認です。

<伊賀上野城(いがうえのじょう)>三重県伊賀市上野丸之内106
伊賀上野城 公式ページ
伊賀鉄道上野市駅から徒歩約8分、JR伊賀上野駅から徒歩約30分


伊賀上野城(いがうえのじょう) 前編

三重県伊賀市の伊賀上野城へ、行ってきました。

s-P8300357.jpg
豊臣秀吉によって大和国から伊賀国に移された筒井定次(つついさだつぐ)が1585年に三層の天守を築きますが1608年に改易、藤堂高虎が伊賀・伊勢などの城主となり、拡張・整備し五層の天守を建築しますが、竣工直前の1612年に暴風で倒壊、以降天守は再建されずに幕末を迎えています。

筒井氏時代の天守石垣が残っています。
s-P8300421.jpg

藤堂高虎が築いた天守石垣です。
s-P8300442.jpg
1611年に築かれたもので高石垣とよばれています。

高石垣を上から見た様子です。
s-P8300372.jpg
高さ約30mで、大坂城の高石垣とともに日本一といわれています。

1935年に建築された模擬天守です。
s-P8300365.jpg
地元出身の代議士・川崎克(かわさきかつ)が私財を投じ、3層3階・高さ23mの大天守と2層2階の小天守が建てられています。

入口側から見た天守です。
s-P8300368.jpg

小天守には忍び井戸が作られています。
s-P8300380.jpg

大天守1階の様子です。
s-P8300384.jpg
木造の藤堂高虎像や甲冑と共に、マスコットキャラクター「た伊賀ーくん」が迎えてくれます。

柱には伊賀忍者が!
s-P8300389.jpg
1階では武具や伊賀焼が展示されています。

2階の様子です。
s-P8300418.jpg
2階では藤堂家資料や武家調度品などが展示されています。

後編に続きます。


菅原(すがわら)神社(上野天神宮) 前編

三重県伊賀市の菅原神社(上野天神宮)へ、行ってきました。

s-P8300533.jpg
創建の詳細は不明ですが、古くは上野山平楽寺(現・萬福寺(伊賀市))の伽藍を守る伽藍神(がらんじん)で、1581年の天正伊賀の乱(織田氏と伊賀惣国一揆との戦い)の後、津藩初代藩主・藤堂高虎による城下町整備により現在地に遷っています。

鳥居を入ってすぐに楼門があります。
s-P8300535.jpg

楼門手前、左手にある臥牛像です。
s-P8300536.jpg

楼門からの境内の様子です。
s-P8300537.jpg
参道右手に手水舎、正面に拝殿があります。拝殿は2010年に焼失し、2012年9月に再建されたものです。

拝殿から奥に幣殿(へいでん)・本殿が続きます。
s-P8300542.jpg
祭神は菅原道真で、九社(くしゃ)神社を相殿(あいどの、同じ社殿に2柱以上の神を合わせてまつること)としています。

本殿(写真左上)です。
s-P8300546.jpg
本殿の左右に祠がありますが、何がまつられているのかは未確認です。

楼門を入って左手にある松尾神社です。
s-P8300539.jpg

松尾神社に向かって右手には鐘楼があります。
s-P8300538.jpg

拝殿に向かって右手に美加多神社があります。
s-P8300543.jpg

美加多神社です。
s-P8300547.jpg

後編に続きます。


平井(ひらい)神社

三重県伊賀市の平井神社へ、行ってきました。

P8300471.jpg
創建の詳細は不明です。菅原道真ゆかりの梅が大宰府より飛来した縁起があり飛来天神宮ともいわれています。写真は一の鳥居です。

一の鳥居から参道を進むと石段が続きます。
P8300468.jpg

石段の途中、右手にある手水舎です。
P8300466.jpg

石段を上がると、二の鳥居があります。
P8300465.jpg

二の鳥居から見た境内の様子です。
P8300464.jpg

参道正面にある拝殿です。
P8300450.jpg

拝殿の奥には幣殿(へいでん)・本殿が続きます。
P8300459.jpg
主祭神は、八重事代主命(やえことしろぬしのみこと)、菅原道真です。

拝殿に向かって左手にある護国社です。
P8300451.jpg

護国社に向かって右隣にある稲荷社です。
P8300452.jpg

拝殿に向かって右手にある御輿舎です。
P8300460.jpg

拝殿の手前、参道右手にある参籠会館です。
P8300462.jpg

拝殿の手前、参道左手にある社務所です。
P8300461.jpg

<平井神社(ひらいじんじゃ)>三重県伊賀市小田町131
伊賀鉄道西大手駅から徒歩約8分、JR伊賀上野駅から徒歩約30分


敢國(あえくに)神社 その3

三重県伊賀市の敢國神社の続きです。

s-P8300583.jpg
拝殿へ向かう石段と社務所の間に裏参道があります。拝殿近くにある神饌殿です。

神饌殿に向かって左隣にある御輿蔵です。
s-P8300582.jpg

御輿蔵に向かって左手に進むと右側に石段があり若宮八幡宮が見えます。
s-P8300579.jpg

若宮八幡宮です。
s-P8300580.jpg

若宮八幡宮への石段から左手に進むと右側にある子授社です。
s-P8300570.jpg

子授社に向かって左手には鳥居・石段があります。
s-P8300576.jpg
石段の先には楠社・結(むすび)社があるので行ってみます。

石段を上がって進むと左手にある楠社です。
s-P8300574.jpg

楠社向かって右手にさらに進むと、結社があります。
s-P8300573.jpg

楠社・結社へ向かう石段の左手にある神明社です。
s-P8300568.jpg

神明社に向かって左手に進むと右側に大石社があります。
s-P8300566.jpg

大石社です。
s-P8300567.jpg

<敢國神社(あえくにじんじゃ)>三重県伊賀市一之宮877
敢國神社 公式ページ
JR佐那具駅から徒歩約35分、JR新堂駅南口または伊賀鉄道上野市駅から三重交通バスで一之宮バス停下車すぐ