fc2ブログ

旧 機那(きな)サフラン酒製造本舗 後編

新潟県長岡市の旧 機那(きな)サフラン酒製造本舗の続きです。

s-DSC_5659.jpg
主屋に向かって右手にある土蔵です。1912~1925年建築で登録有形文化財です。この日は修復作業中でした。

足場の奥に、修復でよみがえりつつある鏝絵(こてえ)が見えます。
s-DSC_5675_202401280921194d6.jpg

土蔵東面1階窓扉の鏝絵「龍」です。
s-DSC_5667_202401281411540de.jpg
左官が壁を塗る「こて」で絵を描いたもので、漆喰装飾の技法の1つです。

北側から見た土蔵です。
s-DSC_5669.jpg
北面部分の窓や扉にも鏝絵が施されています。

土蔵北面1階東窓扉、向かって左の鏝絵「馬と桜」です。
s-DSC_5674_20240128092119ba2.jpg

土蔵北面1階東窓扉、向かって右の鏝絵「犬と牡丹」です。
s-DSC_5673_2024012809211681b.jpg

土蔵北面1階西窓扉の鏝絵「羊と菖蒲」です。
s-DSC_5671.jpg

土蔵の北側にある調整蔵です。
s-DSC_5668_20240128143337f3b.jpg
1926年建築で登録有形文化財です。他に醸造蔵・道具蔵・米蔵などが登録有形文化財で、米蔵は改装され「摂田屋6番街 発酵ミュージアム・米蔵」として2020年にオープンしています。

<旧 機那サフラン酒製造本舗(きゅう きなさふらんしゅせいぞうほんぽ)>新潟県長岡市摂田屋4-6-33
摂田屋6番街 発酵ミュージアム・米蔵 公式ページ
JR宮内駅東口から徒歩約11分、JR長岡駅東口から越後交通バス宮内環状線で宮内1丁目バス停下車徒歩約4分


旧 機那(きな)サフラン酒製造本舗 前編

新潟県長岡市の旧 機那サフラン酒製造本舗へ、行ってきました。

s-DSC_5657.jpg
機那サフラン酒製造本舗は、吉澤仁太郎が1884年にサフランや桂皮(けいひ)・丁子(ちょうじ)・はちみつなどを調合して製造を始めた薬用酒の「機那サフラン酒」が大ヒットし、1887年に近隣の酒造業者を集め創業し、1894年に現在地に移転しています。1938年に2代目吉澤仁太郎らが新潟銘醸(新潟県小千谷市)を設立し、この地での事業は衰退、2017年に敷地・建物などを長岡市が取得しています。

主屋です。
s-DSC_5663.jpg
1883~1897年頃の建築で登録有形文化財です。「機那サフラン酒」は新潟銘醸が現在も製造・販売しています。

後日、飲んだ「機那サフラン酒」です。
s-DSC_5855.jpg
明治から昭和にかけて「養命酒(ようめいしゅ)」と勢力を二分したそうで、現在はリキュールのため薬効を詠うことはできませんが、疲労回復・滋養強壮・月経不順・冷え性などに効能があるとか。

瓶はこんな感じ。
s-DSC_5856.jpg
機那サフラン酒
<データー>リキュール、アルコール分14度

主屋手前、左手にある庭園です。
s-DSC_5678.jpg
2004年の新潟県中越地震で建物や庭園に大きな被害が発生。地元の方を中心に保存活動が展開、2010年に修復事業が開始されました。2013年には「機那サフラン酒本舗保存を願う市民の会」が設立されています。

主屋に向かって左手にある衣装蔵です。
s-DSC_5664.jpg

別の角度から見た衣装蔵です。
s-DSC_5691_20240128095722d63.jpg

後編に続きます。


金毘羅(こんぴら)神社

新潟県長岡市の金毘羅神社へ、行ってきました。

s-DSC_5681.jpg
創建の詳細は不明ですが、明治時代に四国の金刀比羅宮(ことひらぐう、香川県仲多度郡琴平町)から分霊を勧請して創建したと伝えられています。

鳥居から参道を進むと正面にある拝殿です。
s-DSC_5682_20240127091843adc.jpg

拝殿の扁額です。
s-DSC_5683_20240127091843b41.jpg
鳥居や拝殿の扁額は金比羅神社になっています。

別の角度から見た拝殿です。
s-DSC_5684_20240127091846376.jpg
奥に幣殿(へいでん)・本殿が続いています。

<金毘羅神社(こんぴらじんじゃ)>新潟県長岡市摂田屋4-6-41
JR宮内駅東口から徒歩約13分、JR長岡駅東口から越後交通バス宮内環状線で宮内1丁目バス停下車徒歩約5分


星六(ほしろく)

新潟県長岡市の星六へ、行ってきました。

s-DSC_5685.jpg
1897~1906年頃に星野本店(新潟県長岡市)から屋号「星六」で分家し、1975年に主に大豆や米を使用した日本の伝統食品を製造・販売する店として開店しています。写真は店舗兼主屋です。

別の角度から見た店舗兼主屋です。
s-DSC_5687_20240126102318968.jpg

店舗兼主屋に向かって右手にある土蔵です。
s-DSC_5561.jpg
1883~1897年頃の建築で登録有形文化財です。1900年頃に星野本店から移築した味噌醸造用の土蔵で、1918年に曳家で現在地に移しています。現在も1階で味噌の醸造・貯蔵を行っているそうです。

店頭にある看板です。
s-DSC_5688_202401261042166cc.jpg

店内の様子です。
s-DSC_5689_20240126102324e81.jpg

<星六(ほしろく)>新潟県長岡市摂田屋4-5-11
星六 公式ページ
JR宮内駅東口から徒歩約13分、JR長岡駅東口から越後交通バス宮内環状線で宮内1丁目バス停下車徒歩約5分


竹駒(たけこま)神社

新潟県長岡市の竹駒神社へ、行ってきました。

s-DSC_5646.jpg
1889年に宮城県岩沼市の竹駒神社から分霊を勧請し創建しています。岩沼市の竹駒神社は京都市伏見区の伏見稲荷大社・愛知県豊川市の豊川稲荷とともに日本三大稲荷の1つといわれています。

拝殿内の様子です。
s-DSC_5651_20240124185028add.jpg
祭神は、竹駒稲荷大神(倉稲魂神(うかのみたまのかみ)・保食神(うけもちのかみ)・稚産霊神(わくむすびのかみ))です。

拝殿の扁額です。
s-DSC_5649_20240124185025b61.jpg

拝殿の縁側奥にある祠です。
s-DSC_5648_20240124185025d5b.jpg
旧の社殿かもしれません(未確認)

<竹駒神社(たけこまじんじゃ)>新潟県長岡市摂田屋4-8-28
JR宮内駅東口から徒歩約10分、JR長岡駅東口から越後交通バス宮内環状線で宮内1丁目バス停下車徒歩約1分