FC2ブログ

小川又兵衛商店(おがわまたべえしょうてん)ならまち店

奈良市の小川又兵衛商店ならまち店へ、行ってきました。

s-DSC06997.jpg
世界遺産・元興寺(がんごうじ)の門前にある酒販店で酒造業・酒類卸業を営んでいた小川又兵衛が1926年に建築した旧本店です。

平日は15時、土・日・祝は10時頃に開店し、昼酒を楽しむことができます。
s-DSC06998.jpg
1/1~1/3以外は無休だそうです。

缶詰やチーズなどの肴もあります。
s-DSC07005.jpg

クラフトビールの飲み比べセット(1,000円(税込))を。
s-DSC07003.jpg

タップで注いでもらえます。
s-DSC06999.jpg
キリンビールが開発したサーバー「タップ・マルシェ」だそうです。

正式には「タップ・マルシェ Beer フライト セット」だそうです。
s-DSC07000.jpg
写真左上「常陸野ネストビール ゆずラガー」(茨城県那珂市木内酒造)
写真左下「ブルックリンラガー」(ニューヨーク市ブルックリン・ブルワリー)
写真右上「SVB 496」(京都市中京区スプリングバレーブリュワリー京都・他)
写真右下「伊勢角屋ビール ペールエール」(三重県伊勢市二軒茶屋餅角屋本店)

昼から元興寺の塀を見ながら飲むのもいいですね!
s-DSC07007.jpg

<小川又兵衛商店(おがわまたべえしょうてん)ならまち店>奈良市鵲町8
小川又兵衛商店 facebook
近鉄奈良駅から徒歩約14分、JR奈良駅東口から徒歩約20分


ゴールデンラビットビール

奈良市のゴールデンラビットビールへ、行ってきました。

s-DSC07008.jpg
2015年9月に奈良県桜井市でビールの卸・小売・通信販売を事業として創業、2018年3月に本店を現在地へ移転しています。

入口脇には杉玉が吊るされています。
s-DSC07009.jpg
酒の神をまつる大神(おおみわ)神社(奈良県桜井市)に鎮座する「撫で兎」に由来してゴールデンラビットビールと命名されたそうです。杉玉は大神神社の御神木の杉の木を使って作られ、全国の酒蔵へ授与しています。

入口を入って左手にある醸造設備です。
s-DSC07022.jpg
現在はエチゴビール(新潟市西蒲区)に醸造を委託していますが、間もなく自社醸造になるそうです。(製造認可待ちだそうです)

2階にタップルームがあります。
s-DSC07010.jpg
タップルームは金・土・日のみの営業で、金曜は19~21時、土曜は13~21時、日曜は13~17時が営業時間です。

タップです。
s-DSC07013.jpg

この日は6種類のビールがありました。
s-DSC07015.jpg

その中から2種類を。
s-DSC07018.jpg
写真左より、
ゴールデンラビットビール ちはやふる
ゴールデンラビットビール 古代桃

BGMは部屋の隅に置かれているはレコードプレーヤーで。
s-DSC07011.jpg
タイミングよくリクエストすると、好みのレコードをかけてもらえます。

1階の事務所兼会計では、瓶ビールの販売を行っています。
s-DSC07021.jpg
1階事務所は、月・木が定休日です。(瓶ビールの販売時間10~17時)

<ゴールデンラビットビール>奈良市東寺林町30
ゴールデンラビットビール 公式ページ
近鉄奈良駅から徒歩約10分、JR奈良駅から徒歩約16分


ゴールデンラビットビール

奈良市のゴールデンラビットビールへ、行ってきました。

s-DSC05065.jpg
2015年9月に奈良県桜井市でビールの卸・小売・通信販売を事業として創業、2018年3月に本店を現在地へ移転しています。

玄関の様子です。
s-DSC05067.jpg
酒の神をまつる大神(おおみわ)神社(奈良県桜井市)に鎮座する「撫で兎」に由来してゴールデンラビットビールと命名されたそうです。三輪明神(大神神社の別名)の「志るしの杉玉」が吊るされています。

2階部分にタップルームがあります。
s-DSC05083.jpg
2018年7月にオープンしています。タップルームとはビールのタップ(注ぎ口)のある部屋の意味です。

タップです。
s-DSC05068.jpg

別の角度から見たタップルームです。
s-DSC05069.jpg
ナッツやソーセージなどのフードメニューもあります。

さっそく注文。
s-DSC05072.jpg

3種類を飲み比べ。
s-DSC05078.jpg
写真左より
ゴールデンラビットビール そらみつ
ゴールデンラビットビール あをによし
ゴールデンラビットビール ちはやふる

部屋の隅にはレコードプレーヤーが置かれています。
s-DSC05082.jpg
タイミングよくリクエストすると、好みのレコードをかけてもらえます。

ゴールデンラビットビール ちはやふる」のホットビールに挑戦。
s-DSC05092.jpg

1階には醸造機器が搬入されています。
s-DSC05101.jpg
現在はエチゴビール(新潟市西蒲区)に醸造を委託していますが、間もなく自社醸造になるそうです。

お土産に購入。
s-DSC05103.jpg
ゴールデンラビットビール あをによし

<ゴールデンラビットビール>奈良市東寺林町30
ゴールデンラビットビール 公式ページ
近鉄奈良駅から徒歩約10分、JR奈良駅から徒歩約16分


本薬師寺跡(もとやくしじあと)

奈良県橿原市の本薬師寺跡へ、行ってきました。

s-DSC03925.jpg
680年に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気治癒のために発願して薬師として創建し、698年頃に伽藍が完成しますが、710年の平城遷都により移築されたと伝えられています。(諸説あり) 奈良市西の京にある薬師寺と区別するため本薬師寺といわれているようで、写真の石碑は「史跡元薬師寺阯」と「元」になっていますがどちらとも記されるようです。

694年に遷都された藤原京(写真中央)の南西部に位置しています。
s-DSC03920.jpg
写真左下が伽藍があった部分です。(案内パネルを撮影したものです。

金堂の基壇部分跡です。
s-DSC03929.jpg
周囲一帯は特別史跡に指定されています。

現在は堂が一つあり、阿弥陀如来像などが安置されています。
s-DSC03928.jpg

堂の手前にある礎石です。
s-DSC03921.jpg
金堂の礎石で、15個が残されています。

礎石の近くには庚申がまつられています。
s-DSC03931.jpg

金堂の基壇部分から西を見た様子です。
s-DSC03933.jpg
写真中央に少しだけ盛り上がっている部分が西塔基壇跡で、その奥に見える山は畝傍山(うねびやま)です。休耕田にはホテイアオイが植えられていて8~10月には青紫色の花が満開にあるそうです。

<本薬師寺跡(もとやくしじあと)>奈良県橿原市城殿町279
近鉄畝傍御陵前駅東出口から徒歩約8分


木殿(こどの)神社

奈良県橿原市の木殿神社へ、行ってきました。

s-DSC03939.jpg
創建の詳細は不明ですが、江戸時代は牛頭天王(ごずてんのう)社とよばれていたそうです。写真は一の鳥居です。

一の鳥居をくぐると右手に手水舎があります。
s-DSC03940.jpg

手水舎から進むと右手に二の鳥居・拝殿があります。
s-DSC03941.jpg

拝殿内の様子です。
s-DSC03942.jpg
たくさんの絵馬が奉納されています。

拝殿の奥にある本殿です。
s-DSC03944.jpg
祭神は、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、素盞嗚命(すさのおのみこと)です。

<木殿神社(こどのじんじゃ)>奈良県橿原市城殿町166
近鉄畝傍御陵前駅東出口から徒歩約10分