fc2ブログ

WCB UMEDA 1(ダブルシービー ウメダ ワン)

大阪市北区の「WCB UMEDA 1」へ、行ってきました。

s-DSC_7411.jpg
静岡市駿河区にクラフトビール醸造所を構える「West Coast Brewing」直営のショップを兼ねたビアバーです。関西では、2023年4月にオープンした心斎橋の「WCB DARK LAB」に続き2店舗目で、2023年7月にオープンしています。

販売しているビールです。
s-DSC_7400.jpg
プラス200円(税込)で、店内で楽しむこともできます。

タップは6本あります。
s-DSC_7398.jpg

さっそく。
s-DSC_7397.jpg

飲んだのはコレ。
s-DSC_7401.jpg
Kuno Like Shonan

販売中のビールを。
s-DSC_7402.jpg
Starwatcher

東京都西多摩郡奥多摩町の「VERTERE」が醸造のコラボ品で締め。
s-DSC_7407.jpg
Window to WCB 2023

<WCB UMEDA 1(ダブルシービー ウメダ ワン)>大阪市北区梅田1-2-2大阪駅前第2ビルB2F
West Coast Brewing 公式ページ
JR北新地駅から徒歩約3分、大阪メトロ西梅田駅から徒歩約5分


サントリー 天然水のビール工場 京都 ガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」 その4

京都府長岡京市の「サントリー 天然水のビール工場 京都」で開催されたガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」の続きです。

s-DSC_7372_20231225082209fde.jpg
工場見学の後は、ゲストルームでの試飲タイム!3種類の試飲を楽しむことができます。

まずは、1種類目。
s-DSC_7373.jpg
ザ・プレミアム・モルツ

ザ・プレミアム・モルツ」の特長の紹介も!
s-DSC_7375.jpg

テーブルには、原料のダイヤモンド麦芽とファインアロマホップが。
s-DSC_7377.jpg
ダイヤモンド麦芽は試食が可能です。ファインアロマホップは、とってもいい香り!

2種類目。
s-DSC_7380.jpg
ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の製法の紹介。
s-DSC_7382.jpg
ザ・プレミアム・モルツ」は、仕込釜で一部の麦汁を2回煮出す「ダブルデコクション製法」が行われていますが、「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」はさらにもう1度、銅の仕込釜で煮出す「トリプルデコクション製法」を行っています。

そして、いよいよスペシャルビール!
s-DSC_7383.jpg
シングルモルトウイスキー「山崎」に使用された樽で熟成したビール。

1本のお値段は6,600円(税込)。
s-DSC_7387.jpg
ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」の紹介。
s-DSC_7390.jpg
醸造家が手間を惜しまず、じっくり丁寧につくるので少量生産しかできない究極のビールです。

お土産に頂いた「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」などです。
s-DSC_7415.jpg

<サントリー 天然水のビール工場 京都 ガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023>2023年11/18~2024年1/28の土・日
京都府長岡京市調子3-1-1
サントリー 天然水のビール工場 京都のページ
阪急西山天王山駅・JR長岡京駅から無料シャトルバス、阪急西山天王山駅から徒歩約10分


サントリー 天然水のビール工場 京都 ガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」 その3

京都府長岡京市の「サントリー 天然水のビール工場 京都」で開催されたガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」の続きです。

s-DSC_7348.jpg
充填ラインです。完成したビールは、すぐに瓶や缶などの容器に詰められます。

ビールを缶に詰める缶詰機です。
s-DSC_7356.jpg

缶に充填する様子です。(紹介映像を撮影したものです)
s-DSC_7352.jpg

ビールを充填する前に炭酸ガスによって酸素を追い出します。
s-DSC_7354.jpg
ビール充填後にも炭酸ガスを注入してから蓋をします。

別の角度から見た充填機です。
s-DSC_7357.jpg

パッケージングラインです。
s-DSC_7362.jpg

再びバスに乗り、場内を通ってゲストルームに戻ります。
s-DSC_7363.jpg

バスの車窓から見た風景です。
s-DSC_7368.jpg

その4に続きます。


サントリー 天然水のビール工場 京都 ガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」 その2

京都府長岡京市の「サントリー 天然水のビール工場 京都」で開催されたガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」の続きです。

s-DSC_7312.jpg
この日の案内は北村氏。エスカレーターで工場の2階にあがり、まずは「ザ・プレミアム・モルツ」の原材料(水・麦芽・ホップ)について説明。ビールの90%を占める水は、天然水100%。二条大麦麦芽を使い、チェコや周辺国で産出される貴重なダイアモンド麦芽を加え上質な旨味とコクを引き立たせています。苦味が穏やかで香りが特長のアロマホップを使用しファインアロマホップを加え上質で華やかな香りを表現しています。副原料は使っていません。

続いて「ザ・プレミアム・モルツ」の製法についての説明。
s-DSC_7314.jpg
麦芽本来の旨味とコクを引き出すため、仕込釜で一部の麦汁を2回煮出す「ダブルデコクション製法」が行われています。

もう1つのこだわりが、「アロマリッチホッピング製法」。
s-DSC_7315.jpg
麦汁煮沸においてはアロマホップだけを使用し、仕上げにファインアロマホップを投入する製法です。

実際の釜を見学!煮沸釜(写真手前)です。
s-DSC_7318_20231222142022b91.jpg
写真奥は沈殿槽です。

仕込釜(写真左・中央)です。
s-DSC_7325.jpg
写真奥は仕込槽です。

濾過槽です。
s-DSC_7326_2023122214571620f.jpg

2階のホールから見た発酵タンクです。
s-DSC_7327.jpg
直径6m・高さ20m、約300㎘です。毎日500㎖飲んでも、ひとりで飲み干すには約1500年かかるそうです。

発酵の説明があります。
s-DSC_7330.jpg
酵母が麦汁中の糖を取り込み、アルコール、炭酸ガス、香り成分をつくります。低温で発酵させ、約7日でアルコール分約5%の若ビールが出来上がります。酵母が良い状態を保つため、人の手によって24時間体制で管理しています。

貯酒タンクです。
s-DSC_7333.jpg
出来上がった若ビールを貯酒タンクに移して、低温で約2週間熟成させます。ビールに炭酸ガスが溶け込むとともに、オリが沈み味や香りが徐々にまろやかになっていきます。

ろ過装置です。
s-DSC_7345.jpg
熟成を終えたビールからオリや役目を終えた酵母を取り除き、美味しいビールが完成します。

その3に続きます。


サントリー 天然水のビール工場 京都 ガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」 その1

京都府長岡京市の「サントリー 天然水のビール工場 京都」でガイドツアー「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」が開催され、行ってきました。

s-DSC_7296_20231221204507465.jpg
1969年建設でサントリーの西日本での主力工場になっています。工場見学(ガイドツアー)は無料ですが事前に予約が必要です。今回は、「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈山崎原酒樽熟成〉2023」の試飲ができる有料のガイドツアーを。(1,500円(税込))

サントリー 天然水のビール工場 京都です。
s-DSC_7294.jpg
ガラス越しに大きな釜が見えます。

まずは受付や待合ホールがある建物へ。
s-DSC_7299_202312212045115f3.jpg

受付です。
s-DSC_7395.jpg

待合ホールからは庭園が見えます。
s-DSC_7300.jpg

時間になると、ゲストルームに案内されます。
s-DSC_7304.jpg

山崎原酒樽が置かれています!
s-DSC_7393.jpg

ザ・プレミアム・モルツ」の概略説明の後、さっそく工場へ。
s-DSC_7370.jpg
バスに乗って移動します。

あっという間に工場へ。
s-DSC_7297_20231221204507400.jpg
敷地面積約10万㎡で、「ザ・プレミアム・モルツ」の各種や「金麦(きんむぎ)」・「オールフリー」などを生産しています。

その2に続きます。