FC2ブログ

石川県 新しい酒米の愛称募集中!

石川県農林水産部生産流通課流通販売グループで、酒米新品種の愛称を募集しています。

s-DSC08221.jpg
↑クリックで拡大できます。
地元の米を使って、最高の地酒を造りたいとの思いで、石川県が開発した「石川酒68号」の愛称を全国から募集しています。「石川酒68号」は大吟醸酒に適した酒米で、フルーティな香りで、スッキリしたキレイな味わいをイメージしています。
他に、
石川県の豊かな自然が育む「米」や「水」、能登杜氏の伝統的な醸造技術を代表とする「技」で醸す「オール石川の酒」。
お酒をお好きな方はもちろん、贈り物やおもてなし等、広く使っていただけるお酒
をイメージしています。

最優秀賞や優秀賞に選ばれると、表彰のほか石川の地酒などが贈呈されます。
締め切りは2019年8/18、愛称募集HPの応募フォームが便利です。

<石川県 新しい酒米の愛称募集中!>石川県農林水産部生産流通課流通販売グループ
詳細はこちら → 石川県 酒米新品種「石川酒68号」の愛称募集についてのページ


MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座 その3

京都府長岡京市のサントリー京都ブルワリーで開催された「MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座」の続きです。

s-DSC06778.jpg
第3部の「MASTER'S DREAMの味わい体感」が始まります!

サーバーから丁寧に注いでもらえます。
s-DSC06784.jpg

おつまみも付いています。
s-DSC06779.jpg
「まい泉のおかき ひれかつサンド味」と「アンリ・シャルパンティエ フィナンシェ」です。

乾杯でスタート!
s-DSC06783.jpg
サントリー式の乾杯で、「乾杯」ではなく「スコール!」と3回言います。

お連れさんたちと乾杯!
s-DSC06786.jpg
サントリーがこだわる泡がきれいですね!

自宅できれいな泡が出さるサーバーが販売されています。
s-DSC06792.jpg
本格ビアサーバー「BEERGO(ビアルゴ)」、お値段は32,400円(税込)。プレゼント求む!!

2019年5/28から「MASTER'S DREAM 山崎原酒樽熟成ブレンド」が販売開始。
s-DSC06788.jpg

後日、購入したアソートセット。
s-DSC_0096.jpg

中身はコレ。
s-DSC_0098.jpg
MASTER'S DREAM 山崎原酒樽熟成ブレンド」と「MASTER'S DREAM」が3本ずつ入ったセットです。

さっそく。
s-DSC07241.jpg
見た目はそんなに変わりませんが、味は全然違います!

<MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座>サントリー京都ブルワリー(京都府長岡京市調子3-1-1)
サントリー京都ブルワリー 公式ページ
阪急西山天王山駅から徒歩約10分または阪急西山天王山・JR長岡京から無料シャトルバス


MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座 その2

京都府長岡京市のサントリー京都ブルワリーで開催された「MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座」の続きです。

s-DSC06733.jpg
「MASTER'S DREAM」のこだわりについての説明が始まります。「効率や生産性ではなく、ただ、うまさだけを追い求めたビール」を造りたいという、醸造家の夢から開発が始まったそうです。

「MASTER'S DREAM」のつくりのこだわりです。
s-DSC06738.jpg
素材はダイアモンド麦芽、トリプルデコクションという仕込方法、銅炊き仕込という独自技術だそうです。

トリプルデコクション製法の解説です。
s-DSC06744.jpg
「ダイヤモンド麦芽のうまみを引き出すために、銅製循環型ケトルで3度炊き上げる」ものだそうです。

テーブルにはダイヤモンド麦芽が置かれていて試食できます。
s-DSC06741.jpg

第2部の「こだわりの製法」を実際のブルワリーへ見学に行きます。
s-DSC06746.jpg

ブルワリー内の様子です。
s-DSC06747.jpg

煮沸釜です。
s-DSC06755.jpg

仕込釜(写真左)と仕込槽です。
s-DSC06761.jpg
床下に銅循環型ケトルがあるそうです。

銅循環型ケトルの模型です。
s-DSC06762.jpg

模型を使っての説明もあります。
s-DSC06766.jpg

その3に続きます。


MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座 その1

京都府長岡京市のサントリー京都ビールブルワリーで「MASTER'S DREAM(マスターズドリーム)講座」が開催され、行ってきました。

s-DSC06704.jpg
サントリー京都ブルワリーはサントリービールの第2の生産拠点として1969年4月に操業を開始し、甲子園3個分の広さがあります。

巨大な貯蔵タンクが立ち並びます。
s-DSC06705.jpg

通路には、ホップが植えられています。
s-DSC06706.jpg

京都ブルワリーでは3つのツアーが行われています。
s-DSC06708.jpg
ツアーは事前予約制で、ブルワリー内を見学する「ガイドツアー」、「ザ・プレミアムモルツ」をより深く知る「ザ・プレミアム・モルツ講座」、そして今回の「MASTER'S DREAM講座」があります。「MASTER'S DREAM講座」のみ有料(1,000円(税込))です。 

会場の様子です。
s-DSC06711.jpg

テーブルには資料が置かれています。
s-DSC06709.jpg
写真右上に置かれているのはビールではなくお茶(伊右衛門)です。

3部構成のスケジュールです。
s-DSC06715.jpg

第1部の「醸造化が語る商品に込めたこだわり」が始まります。
s-DSC06718.jpg
京都ブルワリー醸造技師長の林輝彦さんが講座の担当。

新製品を開発するのに、まずミニブルワリーでテストを行うそうです。
s-DSC06731.jpg
アイデアがでたあと、素材や条件の絞り込みを行い、ミニブルワリーで300回近くのテストを実施するそうです。

ミニブルワリーの様子です。
s-DSC06726.jpg
東京・武蔵野ブルワリーの中にあり、「「MASTER'S DREAM」や「<香る>エール」もここで誕生したそうです。

その2に続きます。


CRAFT BEER LIVE 2019 後編

大阪市浪速区の湊町リバープレイスで開催された「CRAFT BEER LIVE 2019」の続きです。

s-DSC06859.jpg
引き続き飲みます。神戸市中央区のBrewPub Starboard(スターボード)。

やっぱり、苦いのが飲みたい!
s-DSC06860.jpg

3種類のホップを使ったイベント限定のビール。
s-DSC06861.jpg
3HOP IPA」(インディア ペールエール)

兵庫県明石市の明石ブルワリー。
s-DSC06872.jpg

大阪市中央区の道頓堀麦酒とのコラボビール。(イベント限定)
s-DSC06873.jpg
THINK T.BEERS ヘイジー IPA」(インディア ペールエール)

奈良県宇陀郡曽爾村の曽爾高原(そにこうげん)ファームガーデン。
s-DSC06874.jpg

飲んだのは写真中央。
s-DSC06875.jpg
曽爾高原ビール ボック

奈良県宇陀市の奥大和ビール。
s-DSC06867.jpg

奥大和ビール ハーバルエール
s-DSC06868.jpg

<CRAFT BEER LIVE 2019>2019年5/25・5/26 湊町リバープレイス(大阪市浪速区湊町1-3-1)
大阪メトロなんば駅26B出口すぐ、JRなんば駅から徒歩約3分