FC2ブログ

招德(しょうとく)蔵開き 2019 その1

京都市伏見区の招德酒造で「招德 蔵開き 2019」が開催され、行ってきました。

s-DSC00048_201910190958099e9.jpg
招德酒造は1645年に洛中にて創業、大正時代中期に現在地に移転しています。代表銘柄は、「招德(しょうとく)」・「花洛(からく)」です。毎年3月と10月に蔵開きを実施していますが、今回は台風の影響を考えて2日間順延し、一部内容を変更して実施されました。

社長あいさつの後、鏡開きでスタート!
s-DSC00049.jpg
毎回、社長と一番最初に並ばれた一般の方の2名で実施しています。

振る舞い酒!
s-DSC00051.jpg
今回は樽が小さかったため、約10分で無くなってしまいました・・。

会場内では有料で試飲を楽しむことができます。(80ml・200円~(税込))
s-DSC00052.jpg
蔵開き限定酒も多数あります。(↑クリックで拡大できます)

屋台で肴も購入することができます。
s-DSC00063.jpg
酒や肴を運ぶトレイは、麹蓋(こうじぶた)を再利用しているのでしょう。

屋台では万願寺とうがらしの詰め放題も!(300円(税込))
s-DSC00072.jpg

蔵開き限定酒。
s-DSC00056.jpg
招德 純米大吟醸 無濾過生原酒 祝50 蔵開き限定酒
<データー>純米大吟醸生原酒、祝、精米歩合50%、アルコール分17度

同じく、蔵開き限定酒。
s-DSC00057.jpg
招德 特別純米 無濾過生原酒 生酛 蔵開き限定酒
<データー>特別純米生原酒、精米歩合75%、アルコール分15度

仕込水は会場内に多数置いています。
s-DSC00076.jpg

仕込水をこまめに飲んで休憩。
s-DSC00075.jpg

その2に続きます。


しまねの地酒フェア その4

大阪市中央区の國民會館で開催された「しまねの地酒フェア」の続きです。

s-DSC00026_201910181019570ca.jpg
燗酒の試飲を用意している蔵元が多数あるのが「しまねの地酒フェア」の特長。

島根県松江市の國暉酒造を燗酒で。
s-DSC00027_2019101810195869d.jpg
國暉(こっき)特別純米 無濾過
<データー>特別純米酒、佐香錦・山田錦・改良雄町、精米歩合60%、アルコール分15.8度

もう1杯、國暉酒造の燗酒を。
s-DSC09985.jpg
國暉 純米吟醸 つゆもみぢ 無濾過
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合55%、アルコール分16.8度

島根県出雲市の旭日(あさひ)酒造。
s-DSC00043_20191018102000a1e.jpg
写真左より
十旭日(じゅうじあさひ)純米吟醸 佐香錦55
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合55%、アルコール分15度
十旭日 純米吟醸 トライアル テーマ「初挑戦の米で醸す」
<データー>純米吟醸酒、緑の舞、精米歩合55%、アルコール分15度

もう少し、旭日酒造を燗酒で。
s-DSC00004.jpg
写真左より
十旭日 生酛純米 改良雄町70 2015BY
<データー>純米酒、改良御麻痺、精米歩合70%、アルコール分14度
十旭日 純米吟醸 熟れ酒(なれざけ)山田錦55 2009BY
<データー>純米吟醸酒、山田錦、精米歩合55%、アルコール分18度

仕込水を飲んで休憩。
s-DSC00022_20191018101954419.jpg

燗酒のみを用意している島根県邑智郡邑南町の玉櫻酒造。
s-DSC00017_20191018101952c88.jpg

玉櫻酒造を燗酒で。
s-DSC00016_201910181019515e1.jpg
玉櫻(たまざくら)生酛 純米 五百万石70 2015BY
<データー>純米酒、五百万石、精米歩合70%、アルコール分15度

もう少し、玉櫻酒造を燗酒で。
s-DSC00015.jpg
写真左より
玉櫻 生酛 純米 改良雄町70 2015BY
<データー>純米酒、改良雄町、精米歩合70%、アルコール分15度
玉櫻 生酛 純米 山田錦70 2015BY
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分15度

國暉酒造の燗酒で締め。
s-DSC00024.jpg
玉櫻 純米 とろとろにごり酒
<データー>純米酒、精米歩合70%、アルコール分13度

<しまねの地酒フェア>2019年10/13 國民会館(大阪市中央区大手前2-1-2)
島根県酒造組合 公式ページ
大阪メトロ天満橋駅3番出口から徒歩約3分


しまねの地酒フェア その3

大阪市中央区の國民會館で開催された「しまねの地酒フェア」の続きです。

s-DSC00005_20191016205237f56.jpg
会場はあっという間に大混雑ですが、引き続き試飲を。

島根県浜田市の日本海(にほんかい)酒造。
s-DSC09987.jpg
渦(うず)純米吟醸 佐香錦 六割 一火仕上
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合60%、アルコール分16度

島根県安来市の吉田酒造。
s-DSC00020.jpg
月山(がっさん)純米吟醸 佐香錦 直汲み中取り 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、佐香錦、精米歩合55%、アルコール分16度

もう1杯、吉田酒造。
s-DSC00021_20191016205242b80.jpg
月山 スパークリング クラウド
<データー>普通酒(純米系)、アルコール分12度

島根県雲南市の木次(きすき)酒造。
s-DSC00006.jpg
美波太平洋(みなみたいへいよう)雲(くも)純米 無濾過生原酒
<データー>純米生原酒、五百万石、精米歩合65%、アルコール分20度

島根県隠岐郡隠岐の島町の隠岐酒造。
s-DSC00014_20191016205239865.jpg
隠岐誉(おきほまれ)純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合45%、アルコール分16度

島根県大田市の一宮酒造。
s-DSC09993.jpg
石見銀山(いわみぎんざん)純米吟醸 改良八反流
<データー>純米吟醸酒、改良八反流、精米歩合50%、アルコール分16度

もう1杯、一宮酒造。
s-DSC09995.jpg
石見銀山 純米吟醸 佐香錦
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合50%、アルコール分16度

島根県大田市の若林酒造。
s-DSC09992.jpg
写真左より
開春(かいしゅん)八反錦 古酒」(10年古酒)
<データー>純米酒、八反錦、精米歩合65%、アルコール分17度
開春 生酛 杜氏・山口竜馬
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合65%、アルコール分17度

仕込水で休憩。
s-DSC09991.jpg

その4に続きます。


しまねの地酒フェア その2

大阪市中央区の國民會館で開催された「しまねの地酒フェア」の続きです。

引き続き試飲を。島根県邑智郡邑南町の池月酒造。
s-DSC09989.jpg
誉池月(ほまれいけづき)純米 八反錦 無濾過生原酒
<データー>純米生原酒、八反錦、精米歩合65%、アルコール分17~18度

島根県出雲市の酒持田本店(さけもちだほんてん)。
s-DSC09998.jpg
ヤマサン正宗(やまさんまさむね)萌(もえ)純米生原酒
<データー>純米生原酒、五百万石、精米歩合70%、アルコール分17度

もう1杯、酒持田本店。
s-DSC09999.jpg
ヤマサン正宗 山廃仕込 純米酒 改良雄町 2014BY
<データー>純米酒、雄町、精米歩合70%、アルコール分16度

島根県松江市の李白酒造。
s-DSC00008.jpg
李白(りはく)純米吟醸 WANDERING POET
<データー>純米吟醸酒、山田錦、精米歩合55%、アルコール分15度
※「WANDERING POET(わんだりんぐぽえっと)」は放浪詩を意味し、李白を連想させる名だそうです。

もう1杯、李白酒造。
s-DSC00032.jpg
李白 華露(かろ)スパークリング
<データー>普通酒、五百万石、精米歩合58%、アルコール分12~13度

島根県仁多郡奥出雲町の奥出雲酒造
s-DSC09982.jpg
裏 奥出雲の一滴(うら おくいずものいってき)純米酒 五百万石
<データー>純米生原酒、五百万石、精米歩合60%、アルコール分18度

島根県仁多郡奥出雲町の簸上清酒。
s-DSC09980.jpg
簸上正宗(ひかみまさむね)玉鋼(たまはがね)大吟醸 袋取り斗瓶囲い
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合35%、アルコール分17.9度

続いて簸上清酒。
s-DSC00031.jpg
写真左より
七冠馬(ななかんば)純米吟醸 山廃仕込
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合50%、アルコール分17.5度
七冠馬 純米吟醸 生酛セブン
<データー>純米吟醸酒、改良雄町、精米歩合50%、アルコール分15.5度

さらに簸上清酒。
s-DSC00029.jpg
写真左より
七冠馬 特別純米 ザ・セブン 漆黒のS
<データー>特別純米酒、山田錦、精米歩合55%、アルコール分16.5度
七冠馬 純米吟醸 ザ・セブン タイプM
<データー>純米吟醸生原酒、美山錦、精米歩合50%、アルコール分17.4度

仕込水を飲んで休憩。
s-DSC00023.jpg

その3に続きます。


しまねの地酒フェア その1

大阪市中央区の國民會館で、「しまねの地酒フェア」が開催され、行ってきました。

s-DSC09976.jpg
島根県酒造組合の主催で、大阪では2016年から毎年9月~11月に開催されています。

受付で資料と猪口を貰います。
s-DSC00133.jpg
島根県の観光マスコットキャラクター「しまねっこ」が描かれた猪口は持ち帰りできます。

会場の様子です。
s-DSC09977.jpg
中央に仕込水が置かれ、周囲に蔵元ブースが並び自由に試飲できます。

島根県出雲市の富士酒造。
s-DSC00036.jpg
出雲富士(いずもふじ)天の叢雲(あまのむらくも)純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合35%、アルコール分16度

もう1杯、富士酒造。
s-DSC00040.jpg
出雲富士 純米 白ラベル
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分16度

さらに富士酒造。
s-DSC09996.jpg
写真左より
出雲富士 純米吟醸 超辛口 青ラベル
<データー>純米吟醸酒、佐香錦、精米歩合55%、アルコール分16度
出雲富士 特別純米 黒ラベル
<データー>特別純米酒、佐香錦、精米歩合60%、アルコール分16度

会場からは大坂城がきれいに見えます。
s-DSC00038_2019101510204882b.jpg

島根県松江市の米田酒造。
s-DSC00009_2019101510204459c.jpg
「豊の秋(とよのあき)純米吟醸 ひやおろし
<データー>純米吟醸酒、五百万石、精米歩合55%、アルコール分16度

島根県出雲市の板倉酒造。
s-DSC00002_20191015102043e58.jpg
無窮天穏(むきゅうてんおん)天頂 (てっぺん)生酛 純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分15.8度

仕込水で休憩。
s-DSC00013_20191015102045dd9.jpg

その2に続きます。


うまいもんと伏見の酒まつり in 天満橋駅・京阪シティモール

大阪市中央区の天満橋駅・京阪シティモールで「うまいもんと伏見の酒まつり in 天満橋駅・京阪シティモール」が開催され、行ってきました。

s-DSC09948.jpg
天満橋駅 駅前広場、京阪シティモール4階、8階の3か所でイベントが行われています。

天満橋駅 駅前広場では試飲販売が行われています。
s-DSC09949.jpg
伏見の10蔵元が参加しています。試飲はチケット制(5杯分300円(税込))です。

京都市伏見区の山本本家。
s-DSC09950.jpg
神聖(しんせい)純米大吟醸 山田錦 氷温囲い
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分15度

京都市伏見区の玉乃光酒造。
s-DSC09951.jpg
玉乃光(たまのひかり)純米大吟醸 備前雄町
<データー>純米大吟醸酒、雄町、精米歩合50%、アルコール分16度

京都市伏見区の豊澤本店。
s-DSC09954.jpg
豊祝(ほうしゅく)純米大吟醸 祝
<データー>純米大吟醸酒、祝、精米歩合50%、アルコール分15度

京都市伏見区の増田德兵衞商店(ますだとくべえしょうてん)。
s-DSC09952.jpg
月の桂(つきのかつら)柳(やなぎ)純米吟醸
<データー>純米吟醸酒、山田錦・他、精米歩合50%、アルコール分16度

京都市伏見区の北川本家。
s-DSC09953.jpg
富翁(とみおー) 純米酒 プルミエアムール
<データー>純米酒、精米歩合68%、アルコール分13度

京阪シティモール8階の様子です。
s-DSC09957.jpg
伏水酒蔵小路(京都市伏見区)が出店しバルを行っています。チケット1,500円(税込)が必要で、伏見の16蔵の酒を飲むことができます。4階では伏見・宇治の名品が販売されています。

<うまいもんと伏見の酒まつり in 天満橋駅・京阪シティモール>2019年10/11~10/14 大阪市中央区天満橋京町1-1


第17回 大黒正宗(だいこくまさむね)ファンの集い 後編

神戸市東灘区の神戸市立御影公会堂で開催された「第17回大黒正宗ファンの集い」の続きです。

s-DSC09921.jpg
松宮功・大笑快初代会長による乾杯で懇親会スタート。

乾杯酒。
s-DSC09916.jpg
大黒正宗(だいこくまさむね)純米大吟醸 兵庫錦
<データー>純米大吟醸酒、兵庫錦、精米歩合50%、アルコール分16度

テーブルに配られた酒は7種類、2種類目。
s-DSC09911.jpg
大黒正宗 純米吟醸 無濾過生酒 原酒 兵庫夢錦
<データー>純米吟醸生原酒、兵庫夢錦、精米歩合60%、アルコール分17度

3種類目。
s-DSC09910.jpg
大黒正宗 純米吟醸 兵庫夢錦
<データー>純米吟醸酒、兵庫夢錦、精米歩合60%、アルコール分15度

4種類目。
s-DSC09914.jpg
大黒正宗 純米吟醸 兵庫錦
<データー>純米吟醸酒、兵庫夢錦、精米歩合55%、アルコール分16度

5種類目。
s-DSC09909.jpg
大黒正宗 純米原酒 兵庫県産特A山田錦
<データー>純米原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分17度

6種類目。
s-DSC09912.jpg
大黒正宗 兵庫県産特A山田錦
<データー>普通酒、アルコール分18度

7種類目。(写真左)
s-DSC09907.jpg
大黒正宗 吟醸 なまざけ 兵庫夢錦
<データー>吟醸生酒、兵庫夢錦、精米歩合60%、アルコール分18度

特約店の原酒店(神戸市兵庫区)原栄治さんが丁寧に燗酒を。
s-DSC09923.jpg

燗酒で頂いたのはコレ。
s-DSC09924.jpg
大黒正宗 一ツ火 兵庫夢錦
<データー>普通酒、兵庫夢錦、精米歩合60%、アルコール分15度

恒例のTシャツ争奪大じゃんけん大会!
s-DSC09945.jpg
今年も一回目で敗退・・。いつもながら、じゃんけんは弱いです・・。

<第17回 大黒正宗(だいこくまさむね)ファンの集い>2018年9/2 神戸市立御影公会堂(神戸市東灘区御影石町4-4-1)
安福又四郎商店 公式ページ
阪神石屋川駅から徒歩約5分、JR住吉駅または六甲道駅から徒歩約18分


第17回 大黒正宗(だいこくまさむね)ファンの集い 前編

神戸市東灘区の神戸市立御影公会堂で、「第17回大黒正宗ファンの集い」が開催され、行ってきました。

s-DSC09886.jpg
大黒正宗後援会「大笑快(だいしょうかい)」が主催で、毎年開催しています。蔵元や後援会メンバーと一緒に飲み交わす会で、スタッフを含め参加者全員が会費を支払って参加する平等の会です。写真は会場の神戸市立御影公会堂です。

受付でレジメなどを貰います。
s-DSC09975.jpg
大黒正宗」は、神戸市東灘区の安福又四郎商店が醸す酒です。老朽化のため2013年に蔵を解体し、現在は白鶴酒造(神戸市東灘区)本店2号蔵の設備を借りてで醸造を行っています。

ウエルカムドリンク。
s-1570843109895.jpg
大黒正宗 純米大吟醸 山田錦
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16度

安藤啓司2代目会長のあいさつでスタート。
s-DSC09889.jpg

山田有紀 安福又四郎商店取締役のあいさつ。
s-DSC09897.jpg

特約店・濱田屋(神戸市東灘区)さんのあいさつ。
s-DSC09901.jpg

濱田屋さんから特約店・山本酒店(兵庫県尼崎市)山本正和さんの紹介。
s-DSC09934.jpg
大黒正宗」を盛り上げようといろんなPOPを作成し特約店へ配られていましたが、2018年の9月に他界されました。ご冥福をお祈りします。

兵庫県夢前町の杉之内営農組合のあいさつ。
s-DSC09900.jpg
原料米の兵庫夢錦を栽培されています。

懇親会が始まります。
s-DSC09903.jpg

後編に続きます。


長龍(ちょうりょう)酒造 2019年 露葉風(つゆはかぜ)を楽しむ会~稲刈り編~ 後編

奈良県北葛城郡広陵町の長龍酒造で開催された「2019年 露葉風を楽しむ会 稲刈り編」の続きです。

s-DSC09789.jpg
稲刈りの後は昼食タイム。

美味しそうな品がたくさん!
s-DSC09791.jpg

もちろん、酒も!全国新酒鑑評会金賞受賞酒。
s-DSC09797.jpg
長龍(ちょうりょう)大吟醸 金賞受賞酒
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合38%、アルコール分16度

2種類目。
s-DSC09794.jpg
稲の国の稲の酒 特別純米 無濾過原酒 ひやおろし
<データー>特別純米原酒、露葉風、精米歩合65%、アルコール分18~19度

3種類目。
s-DSC09784.jpg
稲の国の稲の酒 特別純米酒 露葉風
<データー>特別純米酒、露葉風、精米歩合65%、アルコール分15~16度

4種類目。
s-DSC09785.jpg
四季咲(しきざき)楓蔦黄(ふうちょうおう)純米吟醸 無濾過生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、露葉風、精米歩合55%、アルコール分16~17度

5種類目は燗酒で。
s-DSC09799.jpg
稲の国の稲の酒 特別純米酒 2014年醸造
<データー>特別純米酒、露葉風、精米歩合65%、アルコール分15~16度

楽しい時間はあっという間で再びバスで広陵蔵に戻ります。
s-DSC09801.jpg

お土産に購入!
s-DSC09884.jpg
ふた穂(ふたほ)雄町 生酛 純米吟醸 2009年醸造
<データー>純米吟醸酒、雄町、精米歩合58%、アルコール分15~16度

<長龍酒造(ちょうりょうしゅぞう)2019年 露葉風(つゆはかぜ)を楽しむ会~稲刈り編~>2019年9/28 奈良県北葛城郡広陵町南4
長龍酒造 公式ページ
近鉄箸尾駅から徒歩約8分


長龍(ちょうりょう)酒造 2019年 露葉風(つゆはかぜ)を楽しむ会~稲刈り編~ 前編

奈良県北葛城郡広陵町の長龍酒造で「2019年 露葉風を楽しむ会 稲刈り編」が開催され、行ってきました。

s-DSC09758.jpg
長龍酒造は、1923年に飯田酒造場(奈良県天理市飯田本店、2015年廃業)より独立し、大阪府八尾市に酒の小売店を開業、1963年に長龍酒造を設立しています。1979年に広陵酒造を設立し広陵蔵で醸造を開始した後、1993年に合併、2008年に本社を広陵町に移転しています。代表銘柄は、「長龍」・「ふた穂(ふたほ)」・「稲の国の稲の酒」です。写真は広陵蔵です。

受付で資料を貰います。
s-DSC09760.jpg
「露葉風を楽しむ会」は会員になればイベントに参加できますが、応募多数の場合は抽選になります。会員登録はこちらから → 長龍酒造 露葉風を楽しむ会のページ

バスで 奈良県山辺郡山添村へ向かいます。
s-DSC09762.jpg
奈良県の北東部、三重県との県境に位置する村です。

休憩を取りながら、約1時間で山添村の田圃に到着。
s-DSC09763.jpg

露葉風が実る田圃です。
s-DSC09773.jpg
露葉風は1963年に愛知県農業試験場で「白露」を母に「早生双葉」を父に交配・育成された品種です。育成後は愛知県・高知県・奈良県で奨励品種となりましたが、現在は奈良県のみで栽培されています。

露葉風です。
s-DSC09769.jpg
栽培が難しいことから、栽培が途絶え幻の酒米となりましたが、2002年に長龍酒造がJAならけんに協力を求め山添村で委託栽培が始まっています。

露葉風玄米の写真です。
s-DSC09788.jpg
露葉風は心白が扁形しているので、タンパクやビタミンが残り、それを生かす生かさないによって風味が変わるそうです。

鎌でザクザクと稲を刈っていきます。
s-DSC09770.jpg

みんなでやれば、結構早いです。
s-DSC09772.jpg

刈った穂先をコンバインに入れて脱穀します。
s-DSC09774.jpg

稲刈り・脱穀が無事に終わり。
s-DSC09779.jpg

コンバインからでた藁を田圃にまいて作業終了。
s-DSC09780.jpg

後編に続きます。