fc2ブログ

春日大社 若宮神社「お砂持ち行事」と本殿特別参拝 その1

奈良市の春日大社 若宮神社で「春日若宮お砂持ち」行事が行われ、行ってきました。

s-DSC_2848_2022100709072957f.jpg
春日大社の摂社・若宮神社は1003年に春日大社本殿の床に水の塊ができ、その中から神が誕生し本殿第四殿に入ったと記録され、1135年に若々しい優れた霊験でより人々を救す力を発揮して頂こうと現在地に社殿を造営して遷宮したとされています。20年ごとに式年造替(しきねんぞうたい)が行われ、現在の社殿は1863年建立で重要文化財です。明治時代以降、不定期で造替となりますが、今回(第43次)より式年造替に戻すべく2021年から実施、2022年9月に修繕工事が完了、総仕上げとして参拝者の手で若宮内院に白砂を納める「お砂持ち」行事が実施(2022年10/1~10/10)されています。

春日大社一之鳥居です。
s-DSC_2845_20221007090722830.jpg
1638年再建で重要文化財です。高さ約7.75mで2008年に解体修理が行われています。

一之鳥居付近から見た参道の様子です。
s-DSC_2846.jpg
春日大社本殿までは約1.3㎞あります。

参道途中には若宮正遷宮(しょうせんぐう)を知らせる門のようなものが。
s-DSC_2847.jpg

参道を進むと右手にある車舎(くるまやどり)です。
s-DSC_2909.jpg
天皇や勅使が参拝の際に牛車や御所車などを入れた車庫です。859年に創建され、現在の建物は1632年建立で重要文化財です。

車舎内には奉納された菰樽が置かれています。
s-DSC_2862_202210071026524d4.jpg
豊祝(ほうしゅく)」(奈良市豊澤酒造)、「升平(しょうへい)」(奈良市八木酒造)、「春鹿(はるしか)」(奈良市今西清兵衛商店)、「長龍(ちょうりょう)」(奈良県北葛城郡広陵町)、「歓喜光(かんきこう)」(奈良県香芝市澤田酒造)、「梅乃宿(うめのやど)」(奈良県葛城市)、「金鼓(きんこ)」(奈良県香芝市)が奈良県の酒です。

この日は予約していた「お砂持ち行事」と本殿特別参拝のツアーへ。
s-DSC_2916.jpg

まずは受付。
s-DSC_2911.jpg
檜皮寄進申込書に記入します。

頂いたお砂持ち袋などです。
s-DSC_2913.jpg

その2に続きます。


浅野日本酒店 Umeda

大阪市北区の「浅野日本酒店 Umeda」へ、行ってきました。

s-DSC_2610_2022100611012827b.jpg
梅田と扇町の間にある純米酒専門の酒販店で、店内には立ち飲みカウンターが併設されています。

立ち飲みカウンターから瓶を眺めるだけでワクワク!
s-DSC_2616_2022100611013251f.jpg

まずは、お得な利き酒セット。内容は毎週変更されます。
s-DSC_2612_2022100611012980f.jpg
この日は、兵庫県加西市の富久錦。写真左より
富久錦(ふくにしき)晩秋の播磨路 純米吟醸 ひやおろし
<データー>純米吟醸酒、兵庫夢錦・山田錦、精米歩合60%、アルコール分17度
裏 富久錦 TYPE-1 生酛純米 山田錦 試験醸造品
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分16度
裏 富久錦 TYPE-2 生酛純米 兵庫夢錦 試験醸造品
<データー>純米酒、兵庫夢錦、精米歩合60%、アルコール分16度

奈良県桜井市の今西酒造。
s-DSC_2621_202210061101329e9.jpg
みむろ杉(みむろすぎ)ろまんシリーズ Dio Abita(ディオ アビータ)
<データー>特定名称表記無し 原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分13度
※Dio Abitaは「神宿る」

滋賀県甲賀市の美冨久(みふく)酒造を燗酒で。
s-DSC_2625_20221006110134a23.jpg
三連星(さんれんせい)2017酒造年度産 純米吟醸 加水火入れ
<データー>純米吟醸、滋賀渡船6号、精米歩合55%、アルコール分16度

締めは、和歌山県海南市の平和酒造を燗酒で。
s-DSC_2629.jpg
紀土-KID-(きっど)純米吟醸酒 ひやおろし
<データー>純米吟醸酒、五百万石、精米歩合55%、アルコール分15度

お土産に奈良県御所市の油長(ゆうちょう)酒造の酒を。
s-DSC_2678_202210061101382c2.jpg
風の森(かぜのもり)ALPHA 1
<データー>純米生原酒、秋津穂、精米歩合70%、アルコール分14度

もう1つ、お土産。大阪府泉佐野市の北庄司(きたしょうじ)酒造店の逸品。
s-DSC_2681_20221006110138c7b.jpg
「荘の郷(しょうのさと)酒粕入り 焼きねぎ味噌」

<浅野日本酒店 Umeda(あさのにほんしゅてん うめだ)>大阪市北区太融寺町2-17
浅野日本酒店 公式ページ
大阪メトロ東梅田駅または扇町駅6番出口から徒歩約10分、JR天満駅から徒歩約12分


酒蔵訪問 櫻正宗(さくらまさむね) 後編

神戸市東灘区の櫻正宗の続きです。

s-DSC_2787.jpg
2階の通路から見たエントランスホールの様子です。写真では見えにくいですが、照明部分には桜の花びらの模様が浮き上がっています。

通路には昔からのボトルが展示されています。
s-DSC_2781_202210050735228d7.jpg
櫻正宗の6代目・山邑太左衛門は西宮(兵庫県西宮市)の水(宮水(みやみず))が高品質の酒を生み出すことを発見しています。また、1906年には櫻正宗の酵母が協会1号酵母として全国に頒布されています。

酒器も展示されています。
s-DSC_2782.jpg

2階通路の先にある呑処「三杯屋」です。
s-DSC_2783_2022100507352636d.jpg
店内では酒を楽しんで飲むよう1日3杯までになっています。25種類の「櫻正宗」があり、全種類を飲むと称号(段位)を授かることができます。(初回にスタンプカードが貰えます)さらに奥にはレストラン「酒蔵ダイニング櫻宴」があります。

1階のショップの様子です。
s-DSC_2799_20221005073528521.jpg

冷蔵ガラスケース内に斗瓶が置かれています。
s-DSC_2808_20221005073533592.jpg

斗瓶の酒は唎酒セットで楽しむことができます。(量り売りも行っています)
s-DSC_2805_20221005073530baa.jpg
写真左より
櫻正宗 純米原酒 灘の生一本
<データー>純米原酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分未確認
櫻正宗 金稀(きんまれ)超特撰 純米吟醸
<データー>純米吟醸酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分16~17度
櫻正宗 櫻華一輪(おうかいちりん)大吟醸酒
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合35%、アルコール分15~16度

<櫻正宗(さくらまさむね)>神戸市東灘区魚崎南町5-10-1
櫻正宗 公式ページ
阪神魚崎駅から徒歩約6分、六甲ライナー魚崎駅から徒歩約8分


酒蔵訪問 櫻正宗(さくらまさむね) 前編

神戸市東灘区の櫻正宗へ、行ってきました。

s-DSC02391_20221004095044dec.jpg
1625年に荒牧村(兵庫県伊丹市)で「荒牧屋」という屋号で創醸を開始、1717年に灘・魚崎(神戸市東灘区)に移転、初代・山邑太左衛門(やまむらたざえもん)を名乗り創業年としています。代表銘柄は「櫻正宗」です。写真は1994年に竣工し、醸造を行っている櫻喜蔵(はなのきぐら)です。一般の蔵見学は行っていませんが、毎年11月に酒蔵開放イベントが開催され蔵見学会が実施されています。(2020年・2021年は商品の販売のみで蔵見学会は実施無し)

櫻喜蔵の東側に「櫻正宗記念館 櫻宴(さくらえん)」があります。
s-DSC_2445.jpg
1792年建造の木造酒蔵・内蔵がありましたが、1995年の阪神淡路大震災で倒壊、跡地に建築されて1998年にオープンしています。

入口手前に置かれている菰樽です。
s-DSC_2446_20221004095041a70.jpg

エントランスホールです。
s-DSC_2447.jpg
1階にショップ・カフェコーナー、2階に展示コーナー・呑処・レストランがあります。入場は無料です。

エントランスホールに飾られている看板です。
s-DSC_2795_202210041017428e3.jpg
正宗」は臨済宗の経典「臨済正宗」に由来し、1840年に「せいしゅう」が「清酒(せいしゅ)」に通じる事から酒銘としています。その後、「まさむね」という呼び名で一般定着したと伝えられています。1884年に商標の登録を申請しましたが、多くの酒蔵で「正宗」が使用され代名詞として認められず、国花である櫻をつけ「櫻正宗」が登録商標になっています。

階段を上がった通路には、昔の酒蔵の写真が展示されています。
s-DSC_2790.jpg

映像紹介コーナーでは大正時代の酒蔵の様子も!
s-DSC_2793_20221004101739aac.jpg

展示コーナーです。
s-DSC_2777_20221004101733b37.jpg

昔の酒造道具が展示されています。
s-DSC_2780.jpg

琺瑯看板や昔のポスターも展示されています。
s-DSC_2779_202210041017345e1.jpg

後編に続きます。


酒蔵訪問 小山本家(こやまほんけ)酒造 灘浜福鶴蔵(なだはまふくつるくら) 後編

神戸市東灘区の「小山本家酒造 灘浜福鶴蔵」の続きです。

s-DSC_0105_20221002180558783.jpg
浜福鶴吟醸工房1階のショップの様子です。

無料試飲コーナーもあります。
s-DSC_2440_202210021806084a3.jpg
この日は4種類の酒の試飲が行われています。内容は定期的に変更されます。

1種類目。
s-DSC_2432.jpg
空蔵(くぞう)純米吟醸原酒 山田錦 ひやおろし
<データー>純米吟醸原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分16度

2種類目。
s-DSC_2433.jpg
浜福鶴(はまふくつる)灘の生一本
<データー>純米原酒、HYOGO SAKE85、精米歩合75%、アルコール分17度

3種類目。
s-DSC_2429.jpg
限定 浜福鶴 仕込参號 純米吟醸 生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分17度

4種類目。
s-DSC_2431.jpg
浜福鶴 柚子日和 日本酒仕込みリキュール
<データー>リキュール、アルコール分7度

有料の「きき酒処」もあります。
s-DSC_2430.jpg
メニューは定期的に変更されます。

期間限定セットを。
s-DSC_2436.jpg
2種類の酒のクリームチーズのおつまみがついています。

期間限定セットの酒、1種類目。
s-DSC_2441.jpg
浜福鶴 生酛 純米酒 辛口
<データー>純米酒、精米歩合75%、アルコール分15度

期間限定セットの酒、2種類目。
s-DSC_2442.jpg
浜福鶴 純米吟醸 旨口
<データー>純米吟醸酒、精米歩合60%、アルコール分15度

<小山本家酒造 灘浜福鶴蔵(こやまほんけしゅぞう なだはまふくつるくら)>神戸市東灘区魚崎南町4-4-6
小山本家酒造 灘浜福鶴蔵 公式ページ
阪神魚崎駅または六甲ライナー南魚崎駅から徒歩約10分


酒蔵訪問 小山本家(こやまほんけ)酒造 灘浜福鶴蔵(なだはまふくつるくら) 前編

神戸市東灘区の小山本家酒造 灘浜福鶴蔵へ、行ってきました。

s-DSC_2426.jpg
1957年に福鶴酒造として創業、2013年に小山本家酒造(さいたま市、1808年創業)と合併して、小山本家酒造 灘浜福鶴蔵に社名変更しています。代表銘柄は「浜福鶴(はまふくつる)」・「空蔵(くぞう)」です。

浜福鶴吟醸工房です。
s-DSC_2425.jpg
1995年の阪神淡路大震災で木造蔵が全壊したため、酒造りの全工程を公開する四季醸造蔵として1996年に建築されています。入場は無料です。

入口には杉玉が吊るされています。
s-DSC_2427.jpg

入口を入って右手にある階段を上がると蔵見学ができます。
s-DSC_0092_20220502103657d8f_20221002100223ed6.jpg
予約は不要で自由に見学できます。10名以上の団体の場合は事前予約すると案内人による説明を受けることができます。

通路には、震災前の木造酒蔵の写真が展示されています。
s-DSC04649_202210021026091a7.jpg

醸造工程が案内パネルで紹介されています。
s-DSC04651_20221002100229db5.jpg
上段に現代の工程、下段に昔の工程が描かれていて、比較できるようになっています。

蔵の様子は、通路からガラス越しに見ることができます。
s-DSC04662_202210021002316f6.jpg
酒母室の様子です。

製麴室(せいぎくしつ=麴室(こうじむろ))です。
s-DSC06466_2022100210023279c.jpg

後編に続きます。


日本酒の日

10月1日は「日本酒の日」です!

s-IMG_2997_201707311855100d9_20220930214123690.jpg
感染対策の取り組みは忘れずに、日本酒で乾杯しましょう。

日本酒の日は、1978年に日本酒造中央会が制定しています。
IMG_7751_convert_20160111174752_20220930214121731.jpg
①10番目の干支である「酉」は元来、壺を表す象形文字で酒を意味している
②1964年まで酒造年度(BY=Brewery Year)は10/1~翌9/30であった(現在は7/1~翌6/30)
③「神無月」は元々は「醸成月(かもなしづき)」で、新米が収穫され新酒が醸される月である
などの理由から定められています。

奈良県御所市の油長(ゆうちょう)酒造。
s-DSC_2677.jpg
風の森(かぜのもり)ALPHA 1
<データー>純米生原酒、秋津穂、精米歩合70%、アルコール分14度


酒蔵訪問 菊正宗(きくまさむね)酒造 後編

神戸市東灘区の菊正宗酒造の続きです。

s-DSC_2410.jpg
菊正宗酒造記念館の2階には、映像・展示コーナーがあります。

展示されている酒器です。
s-DSC_2413_202209300955594fc.jpg
2022年4月には菊正宗醸造場嘉宝蔵五番の中に「菊正宗 盃展示館」がオープンし、「日本酒と酒器の世界へ誘う」をテーマにした展示を見学することができます。(2日前までにwebサイトで予約が可能です。人数の空きがあれば当日でも菊正宗酒造記念館で申し込みができます。入館料は無料です。)

映像・展示コーナーの奥には文化財収蔵庫があります。
s-DSC_2415_202209300956017b2.jpg
中に入ることはできませんが、窓から室内の様子が見えます。

文化財収蔵庫です。
s-DSC_2416.jpg
酒造道具や昔のポスターなどが収蔵されています。

お宝がたくさん!
s-DSC_2417.jpg
じっくり、近くで見学したいなぁ…。

菊正宗酒造記念館の1階にあるショップです。
s-DSC_2419.jpg
試飲も可能です。(内容は定期的に変更されます)

2022年8月に新発売された酒がこの日の試飲に。
s-DSC_2420.jpg
菊正宗 SECESSION(セセシオン)豊潤しぼりたて
<データー>普通酒、アルコール分12~13度

もう1種類の試飲は「ひやおろし」
s-DSC_2423.jpg
菊正宗 特撰 生酛 ひやおろし
<データー>本醸造酒、精米歩合70%、アルコール分16度

<菊正宗酒造(きくまさむねしゅぞう>本社:神戸市東灘区御影本町1-7-15 酒造記念館:神戸市東灘区魚崎西町1-9-1 
菊正宗酒造 公式ページ
菊正宗酒造記念館へは、六甲ライナー南魚崎駅から徒歩約3分、または阪神魚崎駅から徒歩約10分


酒蔵訪問 菊正宗(きくまさむね)酒造 前編

神戸市東灘区の菊正宗酒造へ、行ってきました。

s-DSC_2398.jpg
1659年に本嘉納家が本宅敷地内に酒蔵を建てて酒造業を始め創業年としています。代表銘柄は「菊正宗」で、2016年に新ブランド「百黙(ひゃくもく)」を立ち上げています。

菊正宗酒造記念館です。
s-DSC_2399.jpg
創業時の酒蔵を移築して1960年に菊正宗酒造記念館をオープンしましたが、残念ながら1995年の阪神淡路大震災で倒壊、1999年に全面建て替えしましたが、倒壊前の柱や梁を随所に使っています。入館は無料です。

長屋門脇には菰樽が置かれています。
s-DSC_2400.jpg

エントランスホールの大看板です。
s-DSC_2401.jpg
明治末期~1940年頃に大阪支社に掲げられていたものだそうです。

酒造展示室入口です。
s-DSC_2418_202209291047301b4.jpg

酒造用具を使って、酒造りの工程を紹介しています。
s-DSC_2406_20220929110736cfa.jpg
阪神淡路大震災で建物は倒壊しましたが、収蔵の酒造用具や小道具類はほとんどが無事・修復可能で、重要有形民俗文化財に指定されています。

生酛造りの様子は映像でも紹介しています。
s-DSC_2405.jpg
「生酛造りは酒造りの原点、菊正宗の原点」の言葉を掲げ、特定名称酒のほとんどが生酛造りです。

酒を搾る槽(ふね)です。
s-DSC_2407.jpg
昔は、槽に醪(もろみ)を入れた酒袋を重ねるように並べ、天秤棒を使って圧力をかけて酒を搾っていました。

会所場(かいしょば)も再現されています。
s-DSC_2403.jpg
酒蔵の一角に設けられている休憩所です。真ん中に囲炉裏がある畳敷きの部屋で、酒造りの合間に杜氏や蔵人が歓談していたそうです。

後編に続きます。


酒蔵訪問 白鶴(はくつる)酒造 後編

神戸市東灘区の白鶴酒造の続きです。

s-DSC_3207_20220928094654756.jpg
白鶴酒造資料館のショップ内には唎き酒コーナーがあります。

セルフで無料試飲ができます。
s-DSC_2388_2022092809464558d.jpg
3種類の酒が用意されています。(内容は定期的に変更されます)

1種類目。
s-DSC_2394_20220928094651066.jpg
白鶴 本醸造 山田錦 ひやおろし
<データー>本醸造酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分15~16度

2種類目。
s-DSC_2392_20220928094650ca8.jpg
白鶴 純米大吟醸 白鶴錦 直営店限定
<データー>純米大吟醸酒、白鶴錦、精米歩合50%、アルコール分15度

3種類目。
s-DSC_2395_20220928094653183.jpg
白鶴 まるごと搾り にごりゆず酒
<データー>リキュール、アルコール分10~11度

自販機による有料試飲も可能です。
s-DSC_2390_202209280946477ba.jpg

やっぱり飲みたい!
s-DSC_2391_20220928094650da5.jpg
白鶴 超特撰 天空(てんくう)袋吊り 純米大吟醸 白鶴錦
<データー>純米大吟醸酒、白鶴錦、精米歩合38%、アルコール分16~17度

<白鶴酒造(はくつるしゅぞう)>神戸市東灘区住吉南町4-5-5
白鶴酒造 公式ページ
阪神住吉駅から徒歩約8分