ヨドコウ迎賓館

ヨドコウ迎賓館(旧山邑(やまむら)家住宅)へ行ってきました。

山邑家と聞いて反応する人は、たぶん酒好きです!
そう、灘の宮水を発見したのは、「櫻正宗」の6代目山邑太左衛門(やまむらたざえもん)です。

阪急芦屋川駅から10分位で着きます。
P1160501_convert_20130309164253.jpg

フランク・ロイド・ライトが8代目山邑太左衛門の依頼を受け、1918年別邸として設計しました。
P1160554_convert_20130309164640.jpg
F・Lライトは20世紀のアメリカが生んだ建築の巨匠で、帝国ホテルの設計者としても知られています。

エントランスです。
P1160552_convert_20130309170547.jpg

2階の応接室です。
P1160545_convert_20130309165259.jpg

上部の小さい窓は通風口です。
P1160546_convert_20130309173900.jpg

3階へ上がります。3階廊下部分です。窓枠のシルエットがきれいです。
P1160537_convert_20130309170841.jpg

3階の和室です。
P1160511_convert_20130309171116.jpg

4階から見た3階廊下の窓枠です。
P1160535_convert_20130309174825.jpg

4階は食堂になっています。
P1160513_convert_20130309175615.jpg

食堂からバルコニーに出られます。
P1160518_convert_20130309175658.jpg

バルコニーから南側(海側)の眺めです。
P1160517_convert_20130309175827.jpg

山邑家はすごいですね。灘高校の設立にもかかわっています。ちなみに、現在の櫻正宗当主は11代山邑太左衛門です。

<ヨドコウ迎賓館(よどこうげいひんかん)>兵庫県芦屋市山手町3-10
フランク・ロイド・ライトが設計し、帰国後の1924年に弟子の遠藤新(あらた)・南信(まこと)らによって建設。第二次大戦後は淀川製鋼所の所有となり、1974年、鉄筋コンクリート造りとしては初の重要文化財の指定を受ける。
ヨドコウ迎賓館公式ページ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)