愛宕(あたご)神社 前編

京都府亀岡市の愛宕神社へ、行ってきました。

s-IMG_2119_201708131033357c1.jpg
創建の詳細は不明ですが、社伝によると507年に社殿が建てられ創祀されたとなっています。平安時代に編纂された延喜式神名帳には阿多古神社と記載されています。天武天皇の頃に分霊が京都の鷹峰(京都市北区)に勧請され、その後、愛宕山(京都市右京区)に遷され現在の愛宕神社となったことから「元愛宕」といわれています。

石段を上がっていくと、拝殿・奥に本殿があります。
s-IMG_2111.jpg

本殿拝所です。
s-IMG_2092.jpg
祭神は、伊邪那美命(いざなみのみこと)・火産靈命(ほむすびのかみ=軻遇突智神(かぐつちのかみ))・大国主命(おおくにぬしのみこと)です。

本殿です。覆屋(おおいや)の中にあります。
s-IMG_2094.jpg
1280年頃の建築で重要文化財です。写真では見えにくいですが、左右に檻に入れられた猿の像が置かれ本殿を守護しています。

本殿の左手にある相殿社です。
s-IMG_2101.jpg
蛭子神社・少毘古那(すくなひこな)神社・埴山姫(はにやまひめ)神社がまつられています。

相殿社に向かって右隣にある稚産霊(わくむすび)神社です。
s-IMG_2100.jpg

本殿に向かって右手に2社があります。
s-IMG_2104.jpg
写真左から、豊受比賣(とようけひめ)神社、火防(ひぶせ)神社です。

本殿の手前、右手にある八幡宮神社です。
s-IMG_2108_20170813103331450.jpg

八幡宮神社の左手にある高良玉垂大神(こうらたまたれおおかみ)神社です。
s-IMG_2109.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)