灘三郷酒蔵巡り その16 櫻正宗(さくらまさむね)記念館 櫻宴編(1)

神戸市灘区から東灘区にある灘三郷酒蔵巡りの続きです。

s-IMG_1119_20170712094247a50.jpg
櫻正宗記念館 櫻宴(さくらえん)入口の長屋門です。1995年の阪神淡路大震災で1792年建築の内蔵が倒壊しましたが、長屋門は倒壊を免れています。

長屋門から道を挟んで正面にある櫻正宗 櫻喜蔵(はなのきぐら)です。
s-IMG_1118.jpg
1994年完成で、醸造はこの蔵で行われています。一般の蔵見学は行われていませんが、毎年11月の第1土曜日に蔵開きが行われ、蔵見学会を実施しています。

長屋門を入って右手には菰樽が置かれています。
s-IMG_1121.jpg
櫻正宗は、1625年に伊丹荒牧村(現・伊丹市)で創醸、1717年に創業し、代表銘柄は「櫻正宗」です。1840年に正宗を酒銘とし、1884年に商標条例が制定され登録をしようとしましたが受付けられず、国花の桜を付けています。

長屋門を入って正面にある櫻宴入口です。
s-IMG_1120_2017071209424821b.jpg
内蔵の跡地に建築され1998年にオープンしています。

入口を入って左手にショップがあります。
s-IMG_1122_2017071209425197b.jpg
ほかに、入口を入って右手に喫茶があります。

試飲も可能です。
s-IMG_1123_20170712094253a1a.jpg
櫻正宗 純米酒 涼風しぼりたて
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分13~14度

入口を入って正面は吹き抜けになっていて2階への階段があります。
s-IMG_1127_20170712094254033.jpg

2階にある展示スペース「櫻宴蔵町通り」です。
s-IMG_1128.jpg
酒造道具などが展示されています。

展示室もあります。
s-IMG_1129_2017071210302985c.jpg
1840年に6代目山邑太左衛門(やまむらたざえもん)による宮水発見や、櫻正宗の酵母が日本醸造協会の協会1号酵母として採用などの資料やパネルが展示されています。<参考>旧山邑家住宅 → ヨドコウ迎賓館過去記事

その17に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)