つるやパン

滋賀県長浜市の「つるやパン」へ、行ってきました。

s-IMG_2375.jpg
1951年創業の「つるやパン木ノ本本店」です。滋賀県では知らない人はいないとも言われている有名なパン屋さんです。JR木ノ本駅から徒歩約7分、「七本鎗(しちほんやり)」を醸す冨田酒造の2軒隣にあります。

入口では、かわいらしい狸がお出迎え。
s-IMG_2377_20170731100400132.jpg
このパン屋を有名にしたのは「サラダパン」。マヨネーズで和えた刻みたくあんがコッペパンに挟まれています。

人気No.1のサンドウィッチと、創業当初人気No.1だったというスマイルサンドを。
s-IMG_2402.jpg
サンドウィッチは、丸い食パンに、マヨネーズが塗られた魚肉ハムが挟まれています。スマイルパンは一般的でいうスペシャルサンドです。

2016年4月にオープンした「つるやパン丸い食パン専門店」です。
s-IMG_1548.jpg
JR長浜駅から徒歩約5分、「長浜浪漫ビール」の裏手にあります。

木ノ本本店はコッペパンの看板ですが、こちらは丸い食パンです。
s-IMG_1546.jpg

焼きたての丸い食パンは11時から販売されています。
s-IMG_1545.jpg

11時からは「昼サンド」メニューもあります。
s-IMG_1535.jpg

焼きサバサンド(250円(税込))に挑戦。
s-IMG_1537.jpg
すっかりはまってしまい、この後、丸い食パンを2本も購入!

<つるやパン>木ノ本本店(滋賀県長浜市木之本町木之本1105)、まるい食パン専門店(滋賀県長浜市朝日町15-31)
つるやパン 公式ページ つるやパン木之本本店 facebook  つるやパン丸い食パン専門店 facebook

今は何位かな? 押してみてね!

スポンサーサイト

木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その3

滋賀県長浜市の木ノ本地蔵院の続きです。

s-IMG_2340.jpg
参道の左手、手水舎の隣にある毘沙門天堂です。

毘沙門天堂に向かって右手奥に秋葉堂の拝所があります。
s-IMG_2372_20170728082647363.jpg

秋葉堂拝所奥にある秋葉堂です。
s-IMG_2373.jpg

参道の右手にある金比羅大権現堂です。
s-IMG_2342.jpg

金比羅大権現堂に向かって左隣にある鎮守五社明神堂です。
s-IMG_2343.jpg
天満大自在天、熊野大権現、正八幡大菩薩、春日大権現、稲荷大明神がまつられています。

鎮守五社明神堂に向かって左隣にある岩神堂です。
s-IMG_2344.jpg
磐座(いわくら)がまつられているようです。

2017年8/22~8/25に木之本地蔵大縁日が行われます。
s-IMG_2369_201707280826457ac.jpg
大法要や千灯会が行われ、10万人もの参拝者があり、参道には多くの露店が立ち並ぶそうです。

<木之本地蔵院(きのもとじぞういん)>滋賀県長浜市木之本町木之本944
木之本地蔵院 公式ページ
JR木ノ本駅から徒歩約6分

今は何位かな? 押してみてね!

木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その2

滋賀県長浜市の木之本地蔵院のつづきです

s-IMG_2361.jpg
書院玄関です。1878年の明治天皇北陸行幸の際に宿泊されています。

書院にある玉座の間です。
s-IMG_2358.jpg
玉座の間に向かって右隣には阿弥陀如来像がまつられている仏間もあります。

書院の北側は庭園になっています。
s-IMG_2357.jpg

庭園です。
s-IMG_2351.jpg
江戸時代中期頃の作庭で、名勝に指定されています。

書院に向かって右手にある庫裏です。
s-IMG_2368_201707280759189e0.jpg

庫裏に向かって右手にある阿弥陀堂です。
s-IMG_2362.jpg
平安時代作の阿弥陀如来立像と阿弥陀如来座像が安置されていて、どちらも重要文化財です。

阿弥陀堂に向かって右手にある鳥居です。
s-IMG_2364.jpg
托枳尼真天(だきにしんてん)の額があり、豊川稲荷をまつっています。

托枳尼真天堂です。
s-IMG_2367_20170728074539cd5.jpg

托枳尼真天堂に向かって右手にある蚕影(こかげ)明神堂です。
s-IMG_2365.jpg
養蚕の守護神で、服飾・繊維・芸道の明神だそうです。

その3に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

木之本地蔵院(きのもとじぞういん) その1

滋賀県長浜市の木之本地蔵院へ、行ってきました。

s-IMG_2337.jpg
675年に薬師寺(奈良市)の僧・祚蓮(それん)が大阪の難波の浦に流れ着いた地蔵尊を安置する場所を探していたところ、休憩をするため降ろした柳の木の下から動かなくなったため伽藍を建ててまつったといわれています。木之本の地名もこのことに由来しています。

石段を上がり参道を進むと左手にある手水舎です。
s-IMG_2371.jpg
蛙の口から手水が出ています。境内に棲む蛙は、眼の病に苦しむ人々の為、自ら身代わりの願を掛け、片眼をつむっているという身代わり蛙の伝説があります。

参道の右手にある鐘楼です。
s-IMG_2347.jpg

参道正面にある本堂(地蔵堂)です。
s-IMG_2370.jpg
本尊は、地蔵菩薩像で、両脇に閻魔王像(えんまおうぞう)と倶生神像(くしょうじんぞう)が祀られているそうです。(いずれも秘仏)眼病平癒の地蔵といわれています。

本堂の脇に戒壇巡り入口があります。
s-IMG_2374_20170727100632180.jpg
2006年に完成したもので、56mあります。本尊の足元に御宝印をおさめた御法箱があり、封じた錠前は本尊の手と五色の紐で結ばれているそうです。

本堂に向かって右手にある地蔵大銅像です。
s-IMG_2346.jpg
1894年に建立されたものです。本尊の写しとして約3倍の大きさ(約6m)に造られ、明治期に造られた日本一大きい地蔵菩薩銅像だそうです。

さらに奥に進むと裏地蔵参拝処があります。
s-IMG_2349.jpg

裏地蔵参拝処入口です。
s-IMG_2350.jpg
入って左手に進むと本尊の真後ろに進むことができ、秘仏の本尊と脇侍を写した仏像を参拝することができます。

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

長浜浪漫ビール(ながはまろまんびーる)

滋賀県長浜市の長浜浪漫ビールへ、行ってきました。

s-IMG_1549_20170725102307302.jpg
1995年にクラフトビールの製造会社として創業しています。江戸時代の米蔵を改造しブルワリーとレストランを造っています。

煮沸釜です。
s-IMG_1525.jpg

2階に発酵タンクや貯蔵タンクがあります。
s-IMG_1527.jpg

1階奥にはポットスチルが。
s-IMG_1529_2017072510230332d.jpg
2016年11月に設置され、ウイスキーの製造も始めています。

熟成する樽も置かれています。
s-IMG_1530.jpg

クラフトビールの販売も行っています。
s-IMG_1532.jpg
一升瓶のビールも販売されています。

レストランではクラフトビールを楽しむことができます。
s-IMG_1522.jpg
グラスの大きさによる価格設定で、全銘柄共通です。150ml・380円、290ml・650円、380ml・780円、550ml・1,000円、1600ml・2,600円です。(税別)

長浜IPAスペシャル」を。
s-IMG_1519_20170725102257f89.jpg

<長浜浪漫ビール(ながはまろまんびーる)>滋賀県長浜市朝日町14-1
長浜浪漫ビール 公式ページ  長浜浪漫ビール facebook
JR長浜駅から徒歩約5分

今は何位かな? 押してみてね!