泉布観(せんぷかん)一般公開 その4

大阪市北区の泉布観で行われた一般公開の続きです。

s-IMG_0617.jpg
階段を上がって左手にある2階北東室です。天皇の御座所が設けられた部屋で「玉座の間」とよばれています。天井から吊り下げられた照明が無く、カーテンボックスの延長上に取り付けらえたブラケット式の照明になっています。

2階北東室の暖炉です。
s-IMG_0615.jpg
2階の各部屋は、入口付近だけしか入ることができません・・。

暖炉の装飾です。
s-IMG_0616.jpg

カーテンボックスの装飾です。
s-IMG_0626.jpg
桐と鳳凰でしょうか。

2階南東室です。
s-IMG_0627.jpg

2階南西室です。
s-IMG_0628.jpg

2階北西室です。
s-IMG_0620_20170318111402544.jpg
1階の北西室と同じようにタイルを模した模様が描かれています。

2階北西室の暖炉です。
s-IMG_0622_20170318111404027.jpg
暖炉周囲は装飾タイルが用いられています。

<泉布観(せんぷかん)一般公開>2017年3/11~3/13 大阪市北区天満橋1-1-1
JR大阪城北詰駅から徒歩約10分、JR桜ノ宮駅から徒歩約15分、大阪市営地下鉄または京阪天満橋駅から徒歩約15分

今は何位かな? 押してみてね!

スポンサーサイト

泉布観(せんぷかん)一般公開 その3

大阪市北区の泉布観で行われた一般公開の続きです。

s-IMG_0651.jpg
2階東側正面のベランダです。

1階・2階とも外周すべての面にヴェランダがあります。
s-IMG_0636.jpg
ヴェランダ・コロニアル様式とよばれています。柱はトスカナ式の花崗岩です。

ヴェランダの手すりはピンク色!
s-IMG_0634_20170316180625227.jpg
建築当初の資料は失われていて不明ですが、残っている最も古い資料ではこの色だとか。

東側正面ヴェランダから北側を見た様子です。
s-IMG_0632.jpg
写真奥に見える建物は、旧桜宮公会堂です。造幣寮(現・造幣局)の金銀貨幣鋳造所の正面玄関を移築したもので重要文化財です。

2階南側ヴェランダです。
s-IMG_0641.jpg
ヴェランダに面した窓は、床から直接立ち上がった窓で、「フランス窓」というそうです。

2階西側ヴェランダです。
s-IMG_0630.jpg

東側ヴェランダから見た2階中廊下です。
s-IMG_0646.jpg

2階中廊下の照明器具です。
s-IMG_0613.jpg

その4に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

泉布観(せんぷかん)一般公開 その2

大阪市北区の泉布観で行われた一般公開の続きです。

s-IMG_0592.jpg
入口を入ってすぐ右手にある部屋(1階北東室)です。

部屋の中央にカットグラスのシャンデリアがあります。
s-IMG_0593_20170316172957d79.jpg

1階北東室の暖炉です。
s-IMG_0594.jpg

暖炉の足元の彫刻です。
s-IMG_0596.jpg
鷲の羽と上半身、獅子の下半身をもった想像上の動物で「グリフォン」というそうです。

入口を入って右手奥にある部屋(1階北西室)です。
s-IMG_0607.jpg
タイルを模した模様が描かれています。当時はタイルが高価だったため、ペンキで描かれたそうです。

暖炉です。
s-IMG_0600_20170316175254c7c.jpg
暖炉周りには、タイルが使われています。

暖炉床面のタイルです。
s-IMG_0606.jpg

暖炉側面のタイルです。
s-IMG_0603.jpg

北東室と北西室の間にある階段です。
s-IMG_0654.jpg

その3に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

泉布観(せんぷかん)一般公開 その1

大阪市北区の泉布観で一般公開があり、行ってきました。

s-IMG_0668.jpg
1871年に創業した造幣寮(現・造幣局)の応接所として、アイルランドの技師・ウォートルスの設計で建設、創業の前年にはほぼ完成し、1871年2月に落成しています。

毎年3月に3日間だけ一般公開されています。
s-IMG_0585_20170316105530b94.jpg
事前申し込み制で、応募者多数の場合は抽選になります。

大阪市内で現存する最古の洋風建築です。
s-IMG_0664_2017031610553532e.jpg
創業の翌年に明治天皇が訪れ、貨幣を意味する「泉布」と館を意味する「観」から命名されています。1917年に大阪市に移管され、1956年に重要文化財に指定されています。

入口です。
s-IMG_0661_20170316105533be0.jpg
ここでスリッパに履き替え中に入ります。

入口を入ると中廊下で、写真左(南)に1室、右(北)に2室あります。
s-IMG_0656.jpg
廊下の天井高は約4.5mです。

中廊下の照明器具です。
s-IMG_0611.jpg
ガス灯時代の照明器具です。(現在は電球を使用)

1階南側の部屋です。
s-IMG_0591.jpg
泉布観で最大の部屋で、食堂として使われていたと考えられています。

1階南側の部屋の照明器具です。
s-IMG_0589.jpg

1階南側の部屋の暖炉です。
s-IMG_0586.jpg

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

大阪市中央公会堂 特別見学会 その6

大阪市北区の大阪市中央公会堂で開催された特別見学会の続きです。

s-IMG_2367.jpg
特別室の東面はステンドグラスやカーテンが見どころ。

ステンドグラスです。
s-IMG_2378.jpg
左右に鳳凰、中央部にある正方形の枠の四隅には澪標(みおつくし)がデザインされています。

円形の平凸レンズも多数使われています。
s-IMG_2399.jpg
太陽光を隅々まで拡散する効果があるそうです。

カーテンは傷みが激しかったため復元製作されたものに取り替えられています。
s-IMG_2380.jpg
法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の国宝・「四騎獅子狩文綿(しきししかりもんきん)」からとった図柄です。

地下1階の展示室に創建当初のカーテンが展示されています。
s-IMG_2419.jpg
翼のある馬に乗った騎士が、飛び掛かる獅子を振り向きざまに弓で射ようとしている姿です。

大理石の床も見どころの1つ。
s-IMG_2374.jpg
9枚の大理石を1セットにして敷き詰めているように見えますが、1枚の大理石に筋を刻んで9枚の石に見えるようにしています。所々に化石も見ることができます。

お土産に購入したクリアファイル!
s-IMG_2470.jpg

白い紙を挟むと夜景から昼間の風景に変わります。
s-IMG_2472.jpg

帰り際にステンドグラスを見上げると、神が・・!
s-IMG_2456.jpg

<大阪市中央公会堂 特別見学会>2017年2/9 大阪市北区中之島1-1-27
大阪市中央公会堂 公式ページ
京阪電車なにわ橋駅から徒歩約1分・淀屋橋駅から徒歩約5分、または大阪市営地下鉄北浜駅・淀屋橋駅から徒歩約5分

2017年3/8 18:30~20:30に中之島夜会シンポジウム「クリエイティブアイランド中之島の可能性」が小集会室で開催されます。終了後は特別室などの見学が可能です。(無料、要予約、先着順) 詳細はここをクリック

今は何位かな? 押してみてね!