谷汲山華厳寺(たにくみさんけごんじ)

岐阜県揖斐郡揖斐川町の谷汲山華厳寺へ行ってきました。

PB191766_convert_20131120172422.jpg
参道はモミジが真っ赤に色づいています。

旧名鉄谷汲線電車を模したバスが走っています。
PB191856_convert_20131120172654.jpg
駐車場やバス停から仁王門まで無料で送迎しています。

仁王門です。西国33カ所観音霊場33番札所です。
PB191769_convert_20131120172807.jpg
798年に豪族・大口大領が草庵を建て、豊然(ぶねん)上人の協力を得て華厳寺を建立しました。

仁王門に大きな草履が奉納されています。
PB191770_convert_20131120172908.jpg

仁王門をくぐると両側に燈籠が並び、風景が一変します。
PB191774(1)_convert_20131120173407.jpg

本堂の手前に2体の観音像が立っています。
PB191786_convert_20131120173738.jpg

本堂です。1879年再建で、本尊は十一面観音立像(秘仏)です。
PB191835(1)_convert_20131120174314.jpg

本堂前にある宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。
PB191836_convert_20131120174433.jpg

本堂からの風景です。
PB191821_convert_20131120194053.jpg

苔の水地蔵尊です。お札を治したい部分に貼るといいとか。
PB191799_convert_20131120191635.jpg

本堂の隣にある「おいずる堂」です。
PB191805_convert_20131120191750.jpg

たくさんの笈摺(おいづる、禅衣)や杖、朱印帳などが奉納されています。
PB191819_convert_20131120191919.jpg
千羽鶴は、折鶴が笈摺にちなむことから奉納されているそうです。

おいずる堂の隣の子安堂です。
PB191804_convert_20131120192005.jpg

子安堂から満願堂へ向かいます。
PB191807_convert_20131120192101.jpg

満願堂です。
PB191813_convert_20131120192240.jpg

朱印は3つあります。本堂(現在)、満願堂(過去)、笈摺堂(未来)になっています。
PB191834_convert_20131120195357.jpg
満願すると、この鯉に触れ、精進を落とす習わしがあるそうです。

本堂の横にある鐘楼です。
PB191792_convert_20131120195916.jpg

阿弥陀堂です。
PB191828_convert_20131120195206.jpg

本門です。
PB191841_convert_20131120195539.jpg

本門を入ると紅葉が見事です。
PB191840_convert_20131120195615.jpg

<谷汲山華厳寺(たにくみさんけごんじ)>岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
スポンサーサイト