酒蔵訪問 富久錦(ふくにしき) その3

兵庫県加西市の富久錦の続きです。

s-IMG_0232_201709221500548cb.jpg
明治時代に建築された蔵を改装して2001年にオープンしたショップ・レストラン「ふく蔵(ふくくら)」です。

入口脇に置かれている和釜です。
s-IMG_0237_20170922150057228.jpg
昔はこの釜で湯を沸かし、上に甑(こしき)を置いて米を蒸していたのでしょう。

水草を育てるのにも使われています。
s-IMG_0235_201709221500577a1.jpg

入口には大きな杉玉も。
s-IMG_0238_20170922150058cc9.jpg

内部の様子です。
s-IMG_0243_201709221500594a8.jpg
1階部分がショップ・ギャラリーなど、2階部分がレストランになっています。レストランは11:30~15:00(入店は13:30まで)のランチ営業ですが、土日と連休になる祝日のみディナー(17:30~21:30(入店は20:00まで))を行っています。

冷蔵ガラスケースにはたくさんの種類の酒が購入されるのを待っています。
s-IMG_0242.jpg

試飲も可能で、たくさんの酒が用意されています。
s-IMG_0247.jpg

さっそく。
s-IMG_0248_2017092217365317c.jpg
富久錦(ふくにしき)瑞福(ずいふく)純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合40%、アルコール分15~16度

2014年から販売を開始した新ブランド。
s-IMG_0254_20170922175112d6e.jpg
純青(じゅんせい)生酛純米大吟醸 無濾過 兵庫夢錦
<データー>純米大吟醸酒、兵庫夢錦、精米歩合50%、アルコール分16度

その4に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

スポンサーサイト

酒蔵訪問 富久錦(ふくにしき) その2

兵庫県加西市の富久錦の続きです。

s-IMG_0228.jpg
現在、酒造りが行われている蔵の全景です。前日までに予約すると蔵見学が可能です。また、毎年11月に蔵開きが行われ蔵見学会が行われています。

米を洗う洗米機です。
s-IMG_0263.jpg
1987年に全製品純米酒宣言を行い、1992年に全製品純米酒化、1996年以降は全製品を地元加西市の米のみを使用した酒造りを行っています。

米に水を吸わす浸漬(しんせき)や水切りに使っているケースだそうです。
s-IMG_0264_20170922150440fd9.jpg

米を蒸す甑(こしき)です。
s-IMG_0265_20170922150442ba8.jpg

放冷機です。蒸した米を冷まします。
s-IMG_0267_20170922150443c77.jpg

酒母を造る酒母タンクです。
s-IMG_0280_2017092215044887d.jpg

発酵・貯蔵タンクです。
s-IMG_0278_20170922150446c57.jpg
酒造りの行われている時期に、有料の「プレミアム蔵見学」というイベントが開催されていて、タンク内の発酵の様子を見たり講義付きで蔵見学会を楽しむことができるそうです。

貯蔵・発酵タンクの階上には麹室があります。
s-IMG_0273.jpg

こちらも発酵・貯蔵タンクです。
s-IMG_0281_2017092215044945e.jpg

酒を搾る圧搾機(あっさくき)です。
s-IMG_0285_20170922150451f95.jpg
大倉式自動圧沪圧搾機というそうです。

その3に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

酒蔵訪問 富久錦(ふくにしき) その1

兵庫県加西市の富久錦へ、行ってきました。

s-IMG_0210_201709221000075aa.jpg
1839年創業で、代表銘柄は「富久錦(ふくにしき)」です。

趣のある建物が多数あります。
s-IMG_0215.jpg

こんな建物も。
s-IMG_0216_20170922100939a3d.jpg
国道372号線からの入口はここ。

広い敷地をぐるっと回るとショップや蔵へ続く橋が。
s-IMG_0220_20170922100009039.jpg

母屋への長屋門です。
s-IMG_0222_201709221000118b1.jpg

母屋です。
s-IMG_0224.jpg
事務所もこちらのようです。

ショップ・レストラン「ふく蔵(ふくくら)」への入口です。
s-IMG_0286_20170922100015eb2.jpg

通路を進むと、煙突が近づいてきます。
s-IMG_0230.jpg

煙突です。
s-IMG_0288_2017092210001737e.jpg
現在は使用されることはなく、シンボルとして保存しているそうです。

今は何位かな? 押してみてね!

生石(おうしこ)神社 その3

兵庫県高砂市の生石神社の続きです。

s-IMG_0098_2017091923534793f.jpg
生石神社本社横の石段を上りきると「大正天皇行幸之跡」の石碑があります。ここが宝殿(ほうでん)山山頂のようです。

宝殿山山頂から北側の風景です。
s-IMG_0101_201709201012106ac.jpg

宝殿山頂から南西の風景です。
s-IMG_0100_201709201012104cd.jpg
竜山石(たつやまいし)という加工に適した強度と粘りがある凝灰岩が産出しています。宝殿山から竜山には古墳時代から近代までの採石遺跡が多数あり、「石の宝殿及び竜山石採石遺跡」として史跡に指定されています。

宝殿山頂から南の風景です。
s-IMG_0099_20170920101208b3e.jpg
瀬戸内海に浮かぶ島まで見えています。

帰りは反対側にまわって下りてみます。
s-IMG_0102_2017092010121250f.jpg

手すりが無いのでちょっと危険かも。
s-IMG_0103_2017092010121358b.jpg

ようやく無事に下りることができました。
s-IMG_0112_20170920101218f3a.jpg
振り返って見てみても、少し危険ですね。

本社に向かって右手にある霊岩です。
s-IMG_0104_20170920101215f39.jpg
石の宝殿の分岩で、全身の力を込めて押すと偉大な力が授かるそうです。

詰所(拝殿)に向かって右手に末社が並ぶ相殿社があります。
s-IMG_0105_20170920101216302.jpg
写真左より加志麿神社・恵美須神社・琴平神社・祖霊社の四社です。

JR宝殿駅北口にある1/4の大きさで作られた「石の宝殿」のレプリカです。
s-IMG_0114_20170920101219793.jpg

<生石神社(おうしこじんじゃ)>兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
生石神社 公式ページ
JR宝殿駅南口から徒歩約25分、JR宝殿駅南口から高砂市コミュニティバス(じょうとんバス)ふれあいの郷生石行きでふれあいの郷生石バス停下車徒歩約5分

今は何位かな? 押してみてね!

生石(おうしこ)神社 その2

兵庫県高砂市の生石神社の続きです。

s-IMG_0080_20170919235335d36.jpg
石の宝殿(いしのほうでん)正面から左手に進み奥にある祠です。

石の宝殿正面から右手に進み奥にある祠です。
s-IMG_0081_20170919235336c8c.jpg
いずれの祠も何がまつられているかは未確認ですが、石の宝殿に大己貴神(おおなむちのみこと)と少彦名神(すくなひこなのみこと)の二神が鎮まっているので、その神をまつっている祠なのかも。

左手奥の祠から見た石の宝殿の背面(西面)です。
s-IMG_0076_20170919235334d1a.jpg
ブラウン管テレビのような突起部があります。二神が一夜のうちに石の宮殿を造営しようとしましたが、工事半ばで賊神の反乱を受け、そのため二神は山を下り賊神を鎮圧したものの夜明けとなり宮殿を正面に起こすことができなかったという伝説があります。

右手奥の祠から見た石の宝殿の背面です。
s-IMG_0082_20170919235338395.jpg
いわれれば、宮殿の屋根の部分に見えるような。

石の宮殿下部の様子です。
s-IMG_0085_20170919235339803.jpg
霊水のたまった池に浮いているように見え、浮石ともよばれています。

本社(本殿)に向かって左手にある参集殿です。
s-IMG_0087_20170919235341278.jpg

本社と参集殿の間に石段があり山上へ続いています。
s-IMG_0091_20170919235342014.jpg

山上への石段の途中から見た石の宝殿です。
s-IMG_0093_20170919235344941.jpg
写真左が突起部のある背後で右が正面です。

さらに石段を上がって見た石の宝殿と本社です。
s-IMG_0094_201709192353452b5.jpg
石の宝殿は、横6.4m、高さ5.7m、奥行7.2mあり、誰が何の目的でどのように作ったのかは現在でも未解明です。宮城県・塩竃(しおがま)神社の塩釜、宮崎県・霧島神宮の天の逆鉾(あまのさかほこ)と並んで、日本三奇(さんき)の1つになっています。

その3に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

生石(おうしこ)神社 その1

兵庫県高砂市の生石神社へ、行ってきました。

s-IMG_0059_20170919111505224.jpg
創建の詳細は不明ですが、社伝によると崇神天皇の夢に「石の宝殿(いしのほうでん)」とよばれる巨石に鎮まる二神が現れ、「吾らをまつれば天下泰平になる」と告げたことから創建されたと伝わっています。

鳥居からは急な石段が続きます。
s-IMG_0062_20170919111506598.jpg

ようやく絵馬殿が見えてきました・・。
s-IMG_0064_20170919111508fdd.jpg

絵馬殿です。
s-IMG_0070_20170919111511442.jpg
昔の絵図では拝殿の前殿や絵馬殿と描かれています。現在は休憩所のような感じになっています。

詰所(拝殿)です。
s-IMG_0067_20170919111509dcd.jpg
中央部分が通路になった割拝殿のようですが、この神社では詰所といっています。(昔の絵図では拝殿や拝殿前殿と描かれています)

通路部分から見た本社(本殿)です。
s-IMG_0071_20170919111512ff7.jpg
この神社では本殿ではなく本社といっています。(昔の絵図では拝殿と描かれています)

横から見た本社です。
s-IMG_0088_201709191115183ad.jpg
祭神は、大己貴神(おおなむちのみこと)と少彦名神(すくなひこなのみこと)です。

本社です。
s-IMG_0072_20170919111514d82.jpg
本社の下も通路になっていて、奥に進むことができます。

本社下の通路の正面にある「石の宝殿」です。
s-IMG_0073_20170919111515644.jpg

「石の宝殿」です。
s-IMG_0074_20170919111517a66.jpg
二神が鎮まっていることから「鎮の石室(しずのいわや)」ともよばれています。

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

タツリキショップ

兵庫県姫路市の「タツリキショップ」へ、行ってきました。

s-IMG_0337_20170918001520f41.jpg
龍力(たつりき)」を醸す本田商店(兵庫県姫路市)のアンテナショップです。

酒の購入のほか、有料試飲ができます。
s-IMG_0343.jpg
有料試飲は1杯(60ml)200円(税込)~です。

さっそく。
s-IMG_0339_20170918001522d42.jpg
写真左より
龍力 米のささやき 大吟醸
<データー>大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分17度
龍力 ドラゴン 純米酒 夏純米
<データー>純米酒、神力、精米歩合65%、アルコール分15度

「せっかく来たのだから、いいのを飲めば」ってことで限定品を開けてくれます。
s-IMG_0348.jpg

箱から出てきたのがこれ。
s-IMG_0349_201709180015265f7.jpg
龍力 米のささやき 大吟醸 荒走り 袋しぼり斗瓶取り 生
<データー>大吟醸生原酒、山田錦、精米歩合35%、アルコール分18度

もう1杯、限定品を。
s-IMG_0354_20170918001528fa8.jpg
龍力 日本の桜 純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16.5度

<タツリキショップ>兵庫県姫路市駅前町188-1姫路地下街グランフェスタ2番街B1F
本田商店 公式ページ 本田商店 facebook
JR姫路駅から徒歩約3分

今は何位かな? 押してみてね!

試(こころみ)

兵庫県姫路市の「試」へ、行ってきました。

s-IMG_0316.jpg
市内で酒類・食品卸を展開している光明兼光本店が開店した日本酒Barです。

店内の壁面には日本酒のボトルがズラリと並べられています。
s-IMG_0318_201709170802269b9.jpg
兵庫県内の58蔵、約230種類の酒を1杯(60ml)110円~楽しむことができます。

注文はカウンターにあるタッチパネルで行います。
IMG_0319(1).jpg
壁面に並べられているボトルの番号で注文したり、味わいや蔵元で検索して注文するなど、パネルを触るだけでも楽しむことができます。

酒と一緒にデーターカードが貰えます。
s-IMG_0320.jpg
写真左より
香住鶴(かすみつる)生酛純米吟醸 夏酒」(兵庫県美方郡香美町香住鶴)
<データー>純米吟醸酒、五百万石、精米歩合55%、アルコール分14度
金鵄盛典(きんしせいてん)純米吟醸生原酒 おりがらみ」(兵庫県加古川市岡田本家)
<データー>純米吟醸生原酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分17度

熟成酒を飲み比べ。
s-IMG_0327_201709170838000d5.jpg
データーカードは会員登録しQRコードを読み込むと、ポイントが貯まります。ポイントが貯まるとおつまみや酒が貰えます。

熟成酒の1種類目。10年以上熟成。兵庫県三木市の稲見酒造。
s-IMG_0325_2017091708022925b.jpg
葵鶴(あおいつる)大吟古酒
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分17~18度

熟成酒の2種類目。兵庫県姫路市の本田商店。
s-IMG_0328_20170917080230d34.jpg
龍力(たつりき)純米 熟成古酒 1999
<データー>純米酒、雄町、精米歩合65%、アルコール分16度

燗酒もできます。セルフサービスです。
s-IMG_0330_20170917080232df6.jpg

燗酒で。兵庫県三田市の岡村酒造場。
s-IMG_0333_20170917080233947.jpg
千鳥正宗(ちどりまさむね)三田壱(さんだいち)純米酒
<データー>純米酒、五百万石・他、精米歩合70%、アルコール分16~17度

もう1杯、燗酒で締め。兵庫県加西市の三宅酒造。
s-IMG_0335_20170917080235644.jpg
丹波屋(たんばや)杜氏の燗酒 純米酒
<データー>純米酒、五百万石、精米歩合70%、アルコール分15~16度

<試(こころみ)>兵庫県姫路市南駅前町125 ビエラ姫路
試 公式ページ 試 facebook

今は何位かな? 押してみてね!

おりおり

大阪市淀川区の「おりおり」へ、行ってきました。

s-IMG_2247_20170916094053416.jpg
「おまかせランチ」(980円)の1種類のみで営業しているお店です。営業時間は11:30~14:30ですが、予約すると夜も開店します。夜は「おまかせコース」(1,500円)です。(価格は税込)

ビルの2階に店があります。
s-IMG_2248.jpg

入口です。
s-IMG_2249_20170916094055516.jpg
毎月第3土曜日はワンコインバルを行っていて、500円で旬の一品・手作り豆腐・ドリンク(日本酒を除く)を楽しむことができます。

店内の様子です。
s-IMG_2252.jpg
カウンター席と大きなテーブル席、2つのソファー席があります。

日本酒にも力を入れているそうです。1杯(90ml)500円。
s-IMG_2254_20170916094058790.jpg
川鶴(かわつる)Wisdom~継承~ 特別純米」(香川県観音寺市川鶴酒造)
<データー>特別純米酒、山田錦・オオセト、精米歩合55%、アルコール分16度

茨木県水戸市の吉久保(よしくぼ)酒造。
s-IMG_2256.jpg
一品(いっぴん)純米酒 うすにごり 生
<データー>純米生酒、玉栄、精米歩合60%、アルコール分15度

大分県玖珠郡九重町の八鹿酒造。
s-IMG_2260.jpg
八鹿(やつしか)吟醸(桃)
<データー>吟醸酒、山田錦、精米歩合60%、アルコール分14度

滋賀県甲賀市の笑四季(えみしき)酒造で締め。
s-IMG_2264.jpg
笑四季(えみしき)Sensation 4 特別純米 黒 生
<データー>特別純米生原酒、日本晴、精米歩合50%、アルコール分16度

<おりおり>大阪市淀川区 十三元今里2-7-10
阪急十三駅西口から徒歩約10分、JR塚本駅東口から徒歩約15分

今は何位かな? 押してみてね!

磯田屋(いそだや)後編

大阪市平野区の磯田屋の続きです。

引き続き飲みます。山形県鶴岡市の加藤嘉八郎(かとう かはちろう)酒造。
s-IMG_0032_20170914141842469.jpg
大山(おおやま)純米大吟醸 瓶囲い隠し酒 無濾過原酒瓶火入れ
<データー>純米大吟醸酒、美山錦、精米歩合50%、アルコール分17度

滋賀県愛知郡愛荘町の藤居本家。
s-IMG_0023_20170914141841c2b.jpg
旭日(きょくじつ)純米生原酒 短棹渡船二号(たんかんわたりぶねにごう)生酛
<データー>純米生原酒、短棹渡船、精米歩合80%、アルコール分17号
※短棹渡船(渡船二号)は山田錦の父株

もう1杯、藤居本家。
s-IMG_0042_201709141418474c0.jpg
旭日 純米生原酒 生もと造り
<データー>純米生原酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分18度

ここで、貴醸酒(きじょうしゅ)のにごりを。広島県呉市の榎(えのき)酒造。
s-IMG_0025_20170914141841f4f.jpg
華鳩(はなはと)夏の貴醸酒 にごり酒
<データー>貴醸酒、中生新千本・コシヒカリ、精米歩合70%、アルコール分13.5度
※貴醸酒は仕込水の代わりに日本酒を使用して仕込んだ酒

新潟県上越市の「よしかわ杜氏の郷」。
s-IMG_0038_20170914141844c60.jpg
有りがたし(ありがたし)純米酒 ひやおろし原酒
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合90%、アルコール分17~18度

奈良市の今西清兵衛商店。「鬼斬(おにきり)」を飲み比べ。
s-IMG_0046_20170914141848d69.jpg
写真左より
春鹿(はるしか)赤乃鬼斬 生酛純米 超辛口原酒
<データー>純米原酒、五百万石、精米歩合60%、アルコール分18~19度
春鹿 青乃鬼斬 生酛純米 超辛口生原酒
<データー>純米生原酒、五百万石、精米歩合60%、アルコール分18~19度

滋賀県高島市の福井弥平商店。後ろに写っているのがマスターと奥様。
s-IMG_0040_20170914141846c00.jpg
萩乃露(はぎのつゆ)生酛仕込み純米酒 原酒
<データー>純米原酒、吟吹雪・山田錦、精米歩合60%、アルコール分17度

山口県岩国市の酒井酒造。ラベルの文字は「Z」のように見えますが「五」です。
s-IMG_0052_20170914141850844.jpg
五橋(ごきょう)five(ふぁいぶ)オレンジ 純米吟醸一回火入れ
<データー>純米吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分15度

酒井酒造で締め。
s-IMG_0056_2017091414185186f.jpg
五橋 five イエロー 純米生原酒 白糀
<データー>純米生原酒、日本晴・山田錦、精米歩合80%、アルコール分16度

<磯田屋(いそだや)>大阪市平野区瓜破2-1-49
磯田屋 公式ページ
大阪市営地下鉄喜連瓜破駅2番出口から徒歩約5分

今は何位かな? 押してみてね!